2011年01月06日 (木) | Edit |

(閉店確認済み)


初訪は8月お盆明けでオープン2日目でした(そのときの様子)。

あれから約4ヶ月が経ち、「オープン当初よりも味が落ちた」とか、「いや、みんなが言うほど変わってない」とか、ネット上でも色々な評判を目にする事ができます。

まぁ、それだけ注目されているお店と言う事なんでしょう。



再訪を決めたのは、そろそろ自分の舌で確かめたいと思ったのと、平日夜限定のあぐーラーメンなるものを食べてみたいと思ったから。

が、何と、黒豚ラーメン(ノーマルのラーメンの事)はスープ切れとの張り紙がorz。。。

2010121519440000.jpg

残念ですが仕方がないですね。



気を取り直して入店。

水曜日の19時30分頃でしたが、12、3人ほどの先客があり、まあまあ繁盛されている感じを受けました。
※後客も数名あり。



店内にある掲示物を読むとあぐーラーメンは塩ダレを使っているとのこと。

2010121519250000.jpg



ふーん、どんな感じなんだろう、と思いつつあぐーラーメンを注文。

黒豚ラーメンとの明確な違いは海苔がない事ぐらいかと。

あえて言うと脂分が少し多いのかな。いや、チャーシューの周りだけ脂が浮いているので、チャーシューの脂が多いんでしょう。

スープの色は元ダレが醤油か塩かの差かな。



スープを一口いただいてみると、やはり黒豚との差異は分かりません。

豚骨の臭みは特に感じませんでしたね。

2010121519270000.jpg
※あぐー

2010081811110000.jpg
※前回食べた黒豚


麺の茹で加減は柔らかめ。

早く食べないと伸びてしまうのではと思い、急いで食べてしまいました。

僕はもう少し固い方が旨いと思うのですが。



あぐーラーメンを980円出してもう一度食べるかと言われれば、一度でよいと答えるでしょうね。

決して美味しくないわけではないのですが、ラーメン1杯980円はさすがに高いと感じましたので。

次回は、基本メニューの黒豚ラーメンを食べに訪れたいと思います。

ごちそうさまでした!!


※あぐーとか幻霜ポークを使ったラーメンって、チャーシューなどで違いを出さないと、なかなか理解されにくいんでしょうね。


※あぐーラーメンを食べた翌日、お肌がツルツルのモチモチになりました。これってあぐー効果なんでしょうか?真相は不明ですが(苦笑)。

(2010.12)


■金田家和田党の訪問記はこちら
金田家和田党(2010.8)
和田党(2012.12)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック