2010年12月19日 (日) | Edit |
東京のJR恵比寿駅東口から徒歩5分の所にあるラーメン店で、今年の4月に駅前福屋の物産展に出られた「中村屋」(こんなお店)の系列店です。

※天空落としで有名なお店です。



事前のリサーチで候補店が4つあったのですが、東京から広島に転勤で来ている方に旨い塩ラーメンがあるとお聞きし、それがこの『阿夫利』だったことが決定打となり訪問を決めた次第です。

ちなみに他の候補店は、青山の「麺屋武蔵」、品川の「なんつッ亭」、目黒の「ラーメン二郎目黒店」でした。



訪れたのは17時45分頃。

無理やり表参道ヒルズに立ち寄って来た(こんな用事でした)のですが、何とか当初の予定時刻通りに入店できました。

随分、早歩きしましたけどね(苦笑)。

2010112517450000.jpg

入口でゆず塩ラーメン850円の食券を購入し、カウンター席に着席。



このお店ではラーメンのスープが「端麗」と「まろ味」の2種類から選択できます。

僕は「まろ味」を選択。

「まろ味」とは「端麗」スープに鶏油が多めに入ったものだそうです。

2010112517500000.jpg



お店の内装はオシャレ系ラーメン店そのもので、流れている音楽も洋楽。

居心地が悪いとかは無いですよ。

2010112517490000.jpg



おぉ、旨そうなラーメンが出てきました。

2010112517520000.jpg

スープの表面は鶏油で光っていて、鶏由来の香りがふんわりと感じられます。

そして黄金色のスープ!



まずは添えられているレンゲで、ズズッとスープを一口。

昆布や節の風味と鶏を中心とした動物系の出汁が感じられますが、細かな味のニュアンスは鶏油に隠されてしまい、判別が難しいです。

はっきりと感じたのは、スープを飲んだ後に感じる塩のミネラル分。

「まろ味」のスープはかなり旨いのですが、「味わう」事を考えると「端麗」スープの方が良かったかもしれません。



麺は細めのストレートで茹で加減は少し固め。

2010112517530000.jpg

具材は煮玉子半分、水菜、炙ったチャーシュー、メンマ、海苔。

甘い味付けのメンマと甘辛い味付けの炙りチャーシューが、塩スープの中でとても映えています。

こういう対比、好きですねぇ。

ちなみにゆずの香りもよいアクセントになっていました。



「じゅあん」(こんなお店)の塩ラーメンは僕の中で別格ですが、僕の好みで言うと「二代目もんごい駅前店」(こんなお店)のそれよりは、『阿夫利』の方が好きです。



もし次に訪れる機会があれば、「端麗」スープを味わってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!!

※麺の湯切りは「天空落とし」じゃなかった(笑)。


(2010.11)


■お店のデータ
阿夫利(あふり)
東京都渋谷区恵比寿1-1-7
0357950750
11~翌4時
定休日:不定休
ゆず塩ラーメン850円


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック