2010年12月09日 (木) | Edit |
たまには仕事の話を(笑)。



昨日アップした「つけ麺TETSU」(こんなお店)を訪問した後、僕たちが向かったのは都内某所にあるタワーマンションの現地。

そのマンションがある場所は「渋谷」「恵比寿」「新宿」と比べると、どう考えても格落ちする地名。

何となく発展していないようなイメージを持っていました。



そんな感覚で目的の駅に降り立ったのですが、さすがは東京。

格落ちする駅周辺でも広島では見る事のない高~いビルやマンションがたくさん並んでいて、久々の上京だった僕はビルを見上げながら歩いていました。

部下と「俺たちって田舎もん丸出しじゃね。上ばっかり見て歩きよるけぇ、すぐバレる(笑)。」等と言い合っている内にマンションに到着。



そこは44階建てのタワーマンション。

でかいなぁ。

ここでも上を見上げてばかりだ(笑)。

2010111613170000.jpg



建物の中に入って1時間程見学。



エントランスホール。

写っていないけど吹き抜けはむちゃくちゃ高く、四階部分まで吹き抜けています。

蜒・025



屋上のテラス。

入居者なら誰でも上がる事が出来ます。

飲食・喫煙は禁止です。

2010111613260000.jpg

2010111613270000.jpg
※小さく東京タワーが写っています。



共用施設のラウンジ。

待ち合わせなどに使われるそうです。

2010111613530000.jpg



さて、冷静に建物の外観を見てみると、いくつかの特徴が浮かんできます。

蜒・066

微妙な凹凸による陰影を利用して建物の表情を作り上げている事。

タイルの細かな張り分けでも表情を作っている事。

縦横に走る太いフレームでどっしり感を出し、コーナーにガラスを使う事で存在感を際立たせた事。



そして面白いのは、各所に散りばめられたラスタータイル。

光沢のあるタイルで光の加減によってはピカッと光る。

うん、表情豊かだ。



僕の東京出張時の掟は「広島にはない高級マンションを見学する」というもの。

毎回適うわけではないのですが、出来る限り、目の保養&アイデア吸収をしたいんですよ。

この度は僕が見たいグレードのマンションではなかったのですが、まあまあの満足度でした。

広島でも同じようなテイストの外観でマンションを企画していますので完成が楽しみです。

この後は、営業会議に参加して初日は終了。

予めセットされた懇親会が終わった後、歌舞伎町に出向いた広島3人組の様子は明日の記事で。



■その他の不動産に関する記事はこちら





関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック