白目をきれいに
2010年12月04日 (土) | Edit |
中区八丁堀にある古いビルの1階にひっそりと佇んでいるパン屋で、広島でも有名な安芸区堀越『ドリアン』の八丁堀店です。

開店してから1年以上経過しましたが、今回初めて訪問しました。



ある日曜日のお昼時。

日曜日も仕事の僕は、妻手製の弁当がない日はテイクアウトして事務所で食事を済ましています。

前にも書きましたが日曜日のテイクアウトって選択肢が非常に少なく、チョイスに困る事がしばしば。

この日も11時頃から「お昼どうしようかなぁ」と、仕事をこなしながら考えていたのですがなかなか思い浮かばず。

一旦はコンビニで何か買って済ませようと決めていました。

最近「洋」の物を食べていませんでしたので、パスタかドリアをメインにして、パンとコーヒーを合わせようかなと。



そんな時、突然、天からの啓示がっ!!

※大げさか(苦笑)。

「そいや、八丁堀にドリアンあったよね。」と思い、ネットで検索。



おぉ!日曜日やってるじゃん。

という事で、パンは『ドリアン』で買う事にしました。



お店の場所は、パークレーンと白島線の電車通りを繋ぐ東西に伸びる通り沿いで、「伽哩theカリー」や「串侍」などのすぐ近く。

この通りは僕もしばしば通る道で、昨日も「伽哩theカリー」にチキンカツカレーを買いに行くのに通ったばかり。

でもお店の存在には気付かず。

無理はないですよ、古びたビル(失礼)の入口を入った奥にお店があるんですから。

看板はこれしかないし、
2010111412140000.jpg

このビルに入らないといけないし、
2010111412140001.jpg

奥に行かないと店構えは見えないし。
2010111412130000.jpg

いやぁ、偶然気付く要素、ほぼゼロです(笑)。



店内は5坪もないと思われる狭小スペースで、女性の店員さんがお1人いらっしゃるだけ。

入口入って右手の棚にはラスクや国産のワインが、
2010111412110000.jpg


正面にはレジカウンターやチーズ、ベーコン類の陳列ケースが、
2010111412110001.jpg


その奥には販売しているパンの棚が配置されています。
2010111412110002.jpg



僕はわりと全粒粉のパンが好きなので「全粒粉100」を1/2にカットしてもらい、それを購入。

昼食にするつもりだとお伝えしたら食べやすいようにカットして下さいました。

ありがたやありがたや。



お店を出た僕はセブンイレブンに立ち寄り、ドリアとコーヒーを購入し事務所へ戻りました。

2010111412220000.jpg

2010111412240000.jpg
※ね、パンが切れてるでしょ。

2010111412370000.jpg



パンの外側の表面はガリッとした歯応え。

その部分を通り過ぎるともちっとした食感が歯を通じて伝わってきます。

そしてパンの内面は、むっちりとして官能的。

全粒粉独特の酸味が少し感じられますが、ドリアと合わせるとその酸味がドリアのしつこさを軽くしてくれます。

この組み合わせ、合いますねぇ。

あぁ、仕事中じゃなければワインを飲むのに(笑)。



パンは旨いし、店員の女性は大変感じが良い。

気に入ったなぁ、ドリアン。

パンで昼食も良いのですが、ワインで晩酌なんて時にはここのパンを買って帰るのも良いですね。

せっかく勤め先の近所にあるので、ちょいちょい通ってみます。

ごちそうさまでした!!!

(2010.11)


■お店のデータ
ドリアン八丁堀店
広島市中区八丁堀12-9 広島SYビル1階
0822222333
11~19時
定休日:月・火曜日
全粒粉100 1/2サイズ360円(だったかなぁ。。。)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/05(Sun) 22:24 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック