2010年03月12日 (金) | Edit |
僕は気が短い方だと思う。

この性格のせいで昔は喧嘩っ早かったし、周りに迷惑をかけたこともある。

古くからの友人には「そうだ、お前は気が短いやつだ。」と言われる。



しかし会社で自分の性格について話すと「とてもそんな風には見えない。」と驚かれる。

みんなが気付かないだけで、パソコンの起動が遅い時なんかはすぐにイラッとする。

触ると余計に遅くなるので何も出来ない、ただ見つめる事しかできない、そんな状況にイラッとする

。でもそんな気持ちは顔やしぐさには出さないようにしている。

だから気が短そうに見えないのかな?



なぜ出さないようにしているかって?

職場をギスギスした雰囲気にしたくないから。

気分屋が一人いると回りも気を遣う。僕の上司が気分屋だったが、それはそれは気疲れした。

そんなところに遣う気があったらお客様に対して遣うべきだろう。



最近思うけど、20代の頃と比べるとイラッとするポイントが狭くなった気がする。

気持ちのコントロールが上手になってきた、と思いたい。

まぁ実際には、ある程度年を取って円くなっただけなんだろうけどね(苦笑)。



円くなるで思い出したけど、大勢での飲み会が終わって店の外で「次どうするんだろう?」「帰りたいけど一番に抜けるのはちょっと」的な雰囲気になってる時って、自然とみんな円陣を組みますよね?

あれって面白いなぁと思う。

誰にも背を向けず話しをするためには最高の陣形なんだろうけど、誰に習ったわけでもないはずなのに、なぜ円陣を組むのだろう?

※外国ではどうしてるんだろう?



僕はと言うと、理由はよく分からないけど、円陣が組まれそうになると円の外に出てしまう。

なぜか、あの中に組み込まれたくないのだ。

まぁ、社内でも自称マイノリティーを名乗っている僕らしいと言えば僕らしいんだけど。

はみ出し者の僕は、性格は円くなっても円陣は組まないぞ(笑)。

※3月末にある取引先担当者の送別会の幹事をする事になった。まだ飲めないのに。。。

※少人数で行くので、多分円陣は組まないと思う(笑)。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック