白目をきれいに
2010年11月09日 (火) | Edit |
平和大通りを天満川沿いに南に少し下ったところにある博多ラーメンのお店です。

ラーメン好きの方には、「すずめ」の並びと言えば分かりやすいでしょうか。

『一心亭』は僕が学生の頃からあるお店で、確かその頃はキムチラーメンなんていうメニューがあったような記憶があります。



前日に飲みすぎたせいでどうも体調が優れず、こんな日は汁物が食べたいなと思い、色々と逡巡したのですが『一心亭』を訪問する事にしました。

自宅近所にある未訪の有名ラーメン店「たちばな」でも良かったのですが、以前、善吉さん(こんなお店)から「一心亭のちゃんぽんは広島で一番旨い」とお聞きしていましたので、これは行くしかないですよね。

2010102611350000.jpg

2010102611360000.jpg



厨房は若い男性が1人で、接客はお母様と思われる女性が1人で、合計2名でお店を切り盛りされています。

11時30分の開店と同時に到着したのですが、12時になる前に8割方席が埋まってしまいました。

なかなかの人気店ですねぇ。



僕はちゃんぽんランチ750円を注文。

厨房がお1人ですので、出てくるまでに10分ほど時間を要しました。

野菜がたっぷり乗ったちゃんぽんの登場です。

2010102611450000.jpg
※ランチのセットはこの他に餃子4個とライスが付いてきます。



ちゃんぽんのスープは豚骨がベースで、野菜の甘みとは別の甘み、例えるなら豚皮のゼラチン系の甘みがぽってりと感じられて僕はとても好きなスープです。

麺はちゃんぽんらしく太目の縮れ麺。

食感もプリッとしています。

2010102611460000.jpg

うん、旨いっす。

このちゃんぽん。



妻が頼んだ博多ラーメンも味見させてもらいましたが、ちゃんぽんよりも元ダレを抑えた感があるスープで、ちゃんぽんを食べた後では少し薄味に感じてしまいます。

豚骨のクリーミーさはラーメンの方が上ですね。



二日酔いの僕にはちょっと量が多く、食べている途中に少し気持ちが悪くなりましたが、食べ終える頃には何とか回復。

良かった良かった。



ご飯が余ってしまいましたので、テーブルにある辛子高菜をご飯に乗せて食べてみました。

2010102612000000.jpg

ん、辛い。

というか舌が痛い!

予想外の辛さにしゃっくりまで出始める始末。

いや~、参りました(苦笑)。



スープまで全て飲み干して完食。

旨いちゃんぽんだったなぁ。

また食べたいと思えるちゃんぽんでした。


ごちそうさまでした!!!

(2010.10)


■お店のデータ
一心亭
広島市西区東観音町8-2
0822929161
11:30~14:00
17:00~22:00
定休日:水曜日
ちゃんぽん(単品)650円 ラーメン550円 ちゃんぽんランチ750円 ラーメンランチ650円


■一心亭の訪問記
一心亭2(2012.7)
一心亭3(2016.2)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック