白目をきれいに
2010年11月03日 (水) | Edit |
10月に入って初めての連休。

その初日の出来事。

本来なら『ぎょうざの美和』に行くつもりはなかったんですよ。

というのも、中区銀山町の「ムッシムパネン」で昼間からワインを楽しみ、その帰りに大和屋酒舗で日本酒なぞ仕入れ、夕食は家で食べようと思っていたからです。

それがどういうことか、『ぎょうざの美和』に行く事になった次第です。



午前11時頃、昼酒満喫気分で自宅を出発し、広電に乗っていつもの新華園へ。

そこから徒歩で平和公園を抜け、本通りを経由してオープンしたばかりのMARUZEN・ジュンク堂書店へ。

1時間半ばかり本と戯れた後にムッシムパネンへ向かったのですが、何と定休日。。。

リサーチ不足でした(涙)。



僕たちは行く宛てもなく、三越のイタリア展を覗いたりアンデルセンの1階を冷やかしたりして、何となく時間を費やしていました。

が、妻が急に「美和に行きたい。」と言い出したのです。

※僕が「美和の餃子旨かった。」と言ったのを覚えていたようです。

宇品~自宅(西方面)まで帰る事を考えると少し躊躇したのですが、僕自身もイートインは未体験でしたので行く事にしました。



紙屋町から広電に揺られること30分ほど。

「宇品3丁目」電停の目の前にある『ぎょうざの美和』に到着しました。

2010101917100000.jpg

入店前は、さくっと餃子を2~3人前食べて、ビールをちょっと飲んで帰るつもりでした。

日本酒も本醸造がある位で、運がよければ賀茂鶴とかの純米が飲めるかなぁ。

そんなイメージを持って入店したのですが、そこは想像を超えた素晴らしいお店でした。



1階はカウンターのみで25席ほど。

2階に続く階段があり団体客が利用するスペースがあるみたいです。

店内はやや古びた感じがあるのですが、清潔そのもの。

カウンターの上には作り置きの惣菜がずらっと並べられており、一目見て旨そうなものが多い事が分かります。

2010101917190000.jpg

2010101917190001[1]



店員は年配の女性一人と若い男性3人の4人体制。

後から知ったのですが、若い男性の1人がここのご店主なんだそうです。



まずはドリンクを頼むためにメニューを見たのですが、日本酒の品揃えにビックリ。

2010101917200000.jpg

石鎚、而今、百楽門などの県外蔵や、県内蔵のものでも「雨後の月純米吟醸斗瓶取り」「富久長中汲み槽しぼり純米吟醸」などハイスペックな物が揃っています。

酒商山田ラインナップだ。

なかなかやるなぁ。



とりあえずキリンの大瓶を1本頼んで、つまみを少し頼んで様子を見る事に。

メニューもかなりの品数があり、思いの外、刺身類が充実していました。

その中から豆もやし、かすぎ貝の刺身を注文。

※かすぎ貝とはにし貝のようなものといわれましたが、未だに正体不明。どなたかご存じないですか?味はまあまあと言ったところ。

ビールを追加で注文し、焼き餃子と茹で餃子を1人前ずつ注文。



2010101917410000.jpg

2010101917420000.jpg

まずは焼き餃子から。

餃子の皮は小麦の甘みが強めで食感はムチムチ。

どことなくホワイト餃子の皮と同じような方向性なのかなぁと感じました。

中身はニラが多めでわりと甘いです。



茹で餃子も皮の食感は相変わらずムチムチなのですが、餡の甘さがちょっと気になりました。

ここの餃子は焼いた方がその個性が際立って良いと思います。

ま、好みの問題なんでしょうけどね。



もう少し食べたいと思い、カウンターの上に並んでいた揚げ物の一団を盛り合わせで注文。

フライヤーで温めなおして出して下さいました。

2010101918020000.jpg

出てきたのはエビの唐揚、穴子の骨せんべい、タコ串、コイワシの天ぷら、鰯のつみれ、シスの中骨のせんべい。

どれを食べても旨いのですが、僕が気に入ったのはシスの中骨のせんべい。

シスを出す所が憎らしい(笑)。



これらをアテに、同時に注文した愛媛県の「石鎚ひやおろし」を飲み進めました。

2010101917580000.jpg

正1合まではないと思いますが、1杯570円。

安いなぁ。



このあと而今を追加し、軽く済ませるつもりが、しっかりと飲み食いしてしまいました(笑)。

焼き餃子一人前となすびの惣菜の持ち帰りをあわせて1人3000円程度。

料理の品数や味、古びていて清潔感ある店内、ほぼ満席の客席の熱気、きびきびと動くスタッフ。

居酒屋としてのポテンシャルの高さに、ただただ驚くばかり。

自宅から遠いのが難ですが、このお店を知ってしまうと中心部にある居酒屋に行けなくなってしまいます。



未訪の方はぜひ、訪れてみて下さい。

ごちそうさまでした!!!!


※つぶ貝が美味しそうだった。


※ラーメンの注文が多かったです。業務用スープを使うのかと思っていましたが、きちんと作られていました。次回は食べてみようかな。


公式サイト有り。

(2010.10)


■お店のデータ
ぎょうざの美和
広島市南区宇品御幸3-1-3
0822512205
17~22時
定休日:日曜・祝日


■ぎょうざの美和の訪問記
ぎょうざの美和2(2011.2)
ぎょうざの美和3(2012.9)
ぎょうざの美和4(2013.2)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
ここ、めちゃ良さそうなお店ですね!
雰囲気もいいなぁ。
行ってみたいと思いました。

知らなかったら、誰だって餃子専門店だと思いますね。
良い意味で、羊頭狗肉、みたいな。笑 

2010/11/04(Thu) 14:42 | URL  | 増井 #1wIl0x2Y[ 編集]
NO TITLE
今、美和ってこんなんですね

山田さんからお酒を入れているのは聞いていたけど、この量はすごいなぁ

餃子以外の料理もなかなかのものだし

これはぜひ行かねば、の店リストに入りました

レポ、ありがとうございます
2010/11/04(Thu) 15:08 | URL  | ねこおやじ #z8Ev11P6[ 編集]
増井さんへ
雰囲気めちゃめちゃ良いですよ。

ご自宅からは遠いでしょうけど、お勧めのお店です。

一回は行っていただきたいですねぇ。
2010/11/04(Thu) 22:14 | URL  | oomin #-[ 編集]
ねこおやじさま
> 今、美和ってこんなんですね

宇品で生まれ育って24年間住みましたが、僕が知っている美和とは別物でした。

何といっても雰囲気が良いです。

ぜひ訪問してみて下さい。
2010/11/04(Thu) 22:16 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック