2010年10月28日 (木) | Edit |
西区庚午南にあるお好み焼屋で、かの有名な「馬の手」の並びにあるお店です。



この日は何だかお好み焼が食べたい日。

広島人ならこういう日ってありますよね。



さて、どこに行こうか。

筆頭候補は、府中市のお好み焼を提供される「としのや」五日市店。2番手には名店の誉れ高き「貴家。」。

押さえで自宅近所の『さっちゃん』。

ちなみに、3店とも未訪。



「としのや」と「貴家。」は、自宅からちょっと遠いかな。

この日の昼間は『縄文あいす』(こんなアイス)を食べに行ったりスーツを買いに行ったりで、結構くたびれていました。

「やっぱり近所よね」という事で『さっちゃん』を訪れてみました。

2010101318400000.jpg



お店は、おばちゃんと若い男性の2名で切り盛りされていて、焼くのはおばちゃん、会計や食器の上げ下げ、一部の調理補助は男性という役割分担です。

4人掛けのテーブル2卓と鉄板前の席とありましたが、もちろん鉄板前に座り肉玉そばダブル750円を注文。



焼く手順は、粘度がとても低い生地を丸く敷いて、その上に魚粉、多めのキャベツ、少量のもやし、天かす、豚バラ3枚という順に乗せていました。

2010101318440000.jpg



そばは蒸し麺です。

鉄板に袋から出したそばを置き、その上から何かの出汁のような液体を振りかけて、そばをほぐしながら炒めていきます。



本体とそばを合体させ、上から一切押さえることのないまま5~6分放置。

おもむろに卵を割り、その上に本体を載せ、卵にしっかり火が通ったら完成。仕上がりまでは15分程度です。

完成したお好み焼きにオタフクソース辛口が多めに掛けられ、その上にはネギが。

ネギはトッピングを追加したのかという位に多め。

かなり嬉しいです。

2010101318550000.jpg

2010101318560000.jpg



お好み焼が出てきたと同時に生ビールを注文。

「おつまみにどうぞ。」と炙ったイカ焼を出して下さいました。

2010101318580000.jpg



お好み焼きを食べた印象は、フワッとトロッとジューシー。

そばを炒めるときに掛けた出汁の味も感じられます。

多分いりこ出汁かと。



八昌のカリカリに焼いたお好み焼きが僕は好みなんですが、『さっちゃん』のようなジューシー系のお好み焼もなかなか良いですね。

19時過ぎた頃には満席になる近所のなじみのお好み焼屋って感じも良いですね。

ごちそうさまでした!!

(2010.10)


■お店のデータ
さっちゃん
広島市西区庚午南1-9-7
0822712900
11~20時
定休日:木曜
お好み焼肉玉そば 650円 そば追加100円 生ビール 450円


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック