2010年03月07日 (日) | Edit |
やられた。

昨日見たyahooトピックスにこの記事が出ていた。


<記事全文>

ボラ、マダイ並みのおいしさ!? =脂乗って今が食べごろ

冬の寒さで磨かれた上質なボラが各地で水揚げされ、消費が伸びている。この時期、「真冬の魚以上に脂が乗ったものも多い」(神奈川県の漁業者)とあって、量販店などがお薦め品として扱う動きが活発化。店頭で見かけることが少なかった魚だけに、注目され始めている。

ボラの旬は水が澄んで臭みが少ない冬。一方、晩冬から春先も「産卵期をすぎて、身においしさが戻っている」(卸会社)と評価が高い。

刺し身にすると「きれいな白身で、天然マダイに匹敵するほどおいしい」(鮮魚専門店の魚喜)といわれるほど、外見からは想像しにくい実力の持ち主だ。最初は「どんな味がするの、と客も慎重だった」(同)が、今ではリピーターも増えているという。(記事ここまで)


ここに書いてある通り、ボラは旨い。

綺麗な海で水揚げされたものは臭みがない。

そんじょそこらの天然マダイより断然旨いと思う。



僕はこの事実を大学3年生の時、愛媛県の中島という瀬戸内海に浮かぶ島で知った。

当時、大学の釣り部に入っていた僕は、一泊二日の「秋合宿」で中島に行ったのだ。

マダイを狙い夜中の3時頃から砂浜で投げ釣りをしていたら、同級生が何やら「大物が来た!」とわめいていた。

釣りあがったのはボラ。体長60センチ程だったと記憶している。



「何やぁ~、しょーもないのぅ」と僕。

「バカか、ボラが旨いの知らんのか!」と応酬する彼。



ボラはその場で〆られてクーラーボックスの中へ。

宿に持ち帰り朝食時に刺身で出してもらった。

宿のおばちゃんもボラは旨いと力説、さらにお店によっては鯛と偽ってボラを出すところもあるというアングラ情報まで提供してくれた。

この刺身が実に旨かったんですよ。



ボラと言えば広島市内の河口付近で見かける「食えないやつ」というイメージしか持っていなかったが、この日を境にボラLOVEになったのだ。

しかしそれから当分の間ボラを食べる機会に恵まれないとは思いもしなかったが。。。



ところが一昨年、突然の再会。

場所は広島市西区己斐本町の「おやじの店」だ。



いつものように晩酌セットをつついていた時、おやじさんから「ボラがあるけど食う?」と言われ即座に注文。

喜んでいる僕を見て、「これを知っとるとは通じゃねぇ」とはおやじさんの弁。

ボラLOVEになった経緯を一通り説明し、ついに15年振りの再会となった。



会いたかったよ、ボラ。

見た目はあの時と同じ鯛っぽい。

味は鯛よりも野性味に溢れている。

うん、旨い。

※この時、僕の頭の中では小田和正が流れていた(笑)。



おやじさん曰く、「あんまり出回らんけど、安ぅて旨いよのぉ。」



そこで今回のyahooトピックスだ。

この記事を読んだ時に、彼女の欲しいものをさりげなくリサーチし、サイズも何気なく把握して、絶対にばれていないと思って準備した誕生日プレゼントが、すでに彼女にばれていた時と同じ種類の悔しさを感じた。

自分だけの秘密だと思っていたのに。。。

百歩譲って、ボラの良さが広まり、手に入りやすくなるのは嬉しいが、流通量が増えて品質が落ちるのは勘弁してもらいたいなぁ。

※あれ以来、ボラを食べる機会はない。また食べたいな。

※おやじの店:己斐本町の旧道沿いにあるお店。2軒隣の鮮魚店「魚正本店」がやっている。鉄板焼き、お好み焼きその他一品物多数あり。魚正本店で魚を買い、おやじの店に持ち込めばその場で調理してくれるのが特徴。代金は魚代のみ。詳しくは、今度行った時に書きます。

※「ラブストーリーは突然に」って知ってますよね?小田和正の歌。トレンディドラマ(古い?)の主題歌で有名なあれですよ。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
懐かしい
己斐はいろんなお店が有りますね~


懐かしい場所です
2010/03/07(Sun) 22:24 | URL  | sapphire1181 #EXr3TcQ6[ 編集]
Re:懐かしい
広電西広島駅の裏には気になるお店が並んでいます。ところで石川酒店の件と言い、己斐界隈に馴染みがあるんですね。
2010/03/07(Sun) 23:49 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック