白目をきれいに
2010年09月24日 (金) | Edit |
ちょっと嬉しい事がありまして。

そのお祝いと言うわけではないのですが、こんな時にはお寿司かなぁと思い『ずぼら胡町店』(こんなお店)を訪れました。

2010090718060000.jpg



この日はお通しに始まり、刺身盛り合わせ、自家製豆腐、なす田楽、土瓶蒸し、握り数種をいただきました。

いつもの事ながら旨かったです~。

他の寿司屋にも行ってみたいという気持ちはあるんですが、いざとなるとこのお店に足を運んでしまいます。

ま、それはそれで良いんですけどね(笑)。



さて、お通しです。

右は蛸の子、左は鯛の子と鯛の皮入り玉子焼き。

2010090718100000.jpg

玉子焼きは甘くなく塩を使ってキリッとした味付け。

この塩は旨いなぁ。

鯛の皮のゼラチンがプルッとして食感的に面白い事になっています。

旨い玉子焼きでした。



刺身盛り合わせ。

写真下側から時計回りに、鰆、鱧湯引き、鯛、車海老、烏賊の雲丹乗せ、秋刀魚、大トロ、そして真ん中には、さざえ。

2010090718160000.jpg

この日は秋刀魚と鯛が特に良かったように思います。

秋刀魚はプリッとした身で、噛むと「あぁ秋刀魚だぁ」と分かる嬉しい香りがします。

脂は乗りすぎておらず丁度良い塩梅。

鯛は舌に纏わり付くような感じが良かったです。



自家製豆腐。

少しざらっとした舌触りの豆腐で雲丹と一緒に鰹の利いた出汁でいただきます。

口休め、お酒の合間の一休みにぴったりの品。

2010090718420000.jpg



なす田楽は出てきてビックリ。

2010090718560000.jpg

焼いた茄子に鶏そぼろの入った味噌と裏ごししたナスペーストのWソース。

パプリカや獅子唐が色・味のアクセントに。

このお店って時々こんな遊びを取り入れてくれるので、楽しんですよねぇ。


土瓶蒸しは写真取り忘れ。

値段を抑えるためにマツタケの産地には拘らない(国外でも可)といわれていましたが、僕個人的にはその考えに賛成です。

マツタケは香りを添えるに留め、鱧出汁に勝負を掛けた一品。

旨いです。



最後は握り。

かます。

酒飯増亭(こんなお店)で焼き物を食べて以来、かますの旨さに気付かされました。

表面が軽く炙ってあり、握りでもなかなか旨いです。

2010090719350000.jpg



あまぎ。いわゆるシス(こんな魚)の事。

こういう魚が食べられるのは嬉しいですね。

2010090719370000.jpg



おこぜ。

バリ島の塩と共に。

2010090719410000.jpg

歯応えが独特ですね、オコゼって。

鯛とも違う、平目や鰈とも違う、ましてや櫨やキスとも違います。

プリッ、コリッとまではいかないのですが、それなりに歯応えがある魚ですね。

久々に食べました。



玉子。

お店で焼かれた旨い玉子焼き。

甘さ控えめなのですが、僕には丁度良い味です。

2010090719480000.jpg



この日の握りの中では、かますとあまぎが気に入りました。

普段の生活ではどちらも口にすることが少ないものですから。



オコゼの赤出汁を出していただいてフィニッシュ。

ヒレの周りのトロトロになった皮を吸い付きながら食べるのが旨いんですよねぇ。

2010090719400000.jpg



デザートにコアントロー(オレンジリキュール)の掛かった梨を出していただきました。

柑橘類同士ですから相性が良いですねぇ。

オレンジのスッとした甘さと梨を齧るとじゅわっとほとばしる果汁がミックスされ、相乗効果でより旨いです。

※写真忘れ。



ん~、今日も満足。

欲を言うと、もう少し日本酒のラインナップが増えてくれると嬉しいんですが。

社長!もし読まれていたらご検討をお願いしますね!


ごちそうさまでした!!!!

(2010.9)


■過去のずぼら訪問記はこちら
ずぼら(2010.4)
ずぼら3(2011.3)
ずぼら4(2011.7)
ずぼら5(2011.11)
ずぼら6(2012.8)
ずぼら7(2013.2)


■その他の飲食店記事はコチラ


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック