2010年09月19日 (日) | Edit |
広電佐伯区役所前電停に隣接している居酒屋で、電車で帰る際は踏切が鳴り始めてから席を立っても間に合うと言われているお店だ。



実はこのお店、ツイッター等のご縁で行く事になったお店。

事の始まりは、今年の5月15日(土)に開催されたツイッターのオフ会:日本酒オフ会in酒の巣(そのときの模様はこちら)。

この会で知り合ったtweet_maruさんは某酒蔵の血筋を引いており、そんなバックボーンの方なのでもちろん日本酒にはお詳しい。

そんなtweet_maruさんと僕が共通で利用する酒屋の一つが西区古江西町の石川酒店だ。



ワインで有名な酒屋だが日本酒の品揃えもなかなか良い。

この酒屋の2階にはサロン・ド・イシカワというスペースがあり、しばしばワインや日本酒のセミナー・イベントが行われている(あるワインイベントの様子はこちら)。

第2回日本酒オフ会の会場を探していた僕はサロン・ド・イシカワに目を付け、tweet_maruさんもそこなら良いのではという事になり、現在では会場候補の筆頭で考えている。

開催時期は10月以降と思っているが、ぼちぼちオフ会の件のご相談も兼ねてちょいと飲みに行きましょうという事になり、8月31日(火)の夜にtweet_maruさんご推薦の「酒ぼうず」に行くことになったわけだ。



このお店を選んだのもご縁があっての事。

tweet_maruさんはTJ-hiroshimaに連載中のリレーコラム「広島日本酒普及協会」のトップバッターとしてコラムを書かれた方で、コラムつながり&よく行く居酒屋の大将のお勧めでこの店を選ばれたらしい。

※実は、9月下旬発売の10月号のコラムは僕が書いています。よろしければ購入した上で読んで下さい(笑)。



五日市ランチ」というサイトの管理人であるgokanbashiさんもこのお店に行きたがっていたよという事でtweet_maruさんからお誘いいただき、3人で打ち合わせと称して訪れました。
※gokanbashiさんはこのお店の常連らしい。

2010083119030000.jpg



そんな中、食べたものは新枝豆、刺身の盛り合わせ、もろきゅう、鰆の焼き物、砂肝の唐揚、鯛の兜蒸し、つぶ貝など。

2010083119050000.jpg

2010083119380000.jpg

2010083120540000.jpg

2010083121130000.jpg

コイワシの刺身が本日最後ということで、その味わいを名残惜しみながら堪能した。

鯛の兜蒸しは素晴らしい出来栄え。

酒と塩と昆布だけの味付けかなと思うが、鯛から素晴らしい出汁が出ており、香り良し味良しの逸品。



お酒の方は、利き酒セットというメニューが用意されており、750円で3種類のお酒を少しずつ楽しむという内容。

このセットを3人分、つまり9種類のお酒を出していただいた。

2010083119170000.jpg

交代で一口ずつ飲んで味や香りについて、どうのこうの言いながら飲んでいた時にtweet_maruさんから飛び出したこの日の名言がこちら。



「天寶一はスモーキー」



ん?そう?と思いもう一度飲んでみると、口に含んだ瞬間に鼻控に抜ける香りが、チップでいぶしたような香りだ。

ちょっと感動。

言われるまで気付かなかったし、気付いたとしても「スモーキー」という表現は出来なかっただろうなと思う。

お酒に詳しい人と飲むと表現の幅が広がるので、とても楽しい。



そんなこんなで色々食べて飲んでしゃべっての4時間半。

大方の予想通り(?)打ち合わせは全く進まず、もう少し先になってから詳細を決めましょう、という事だけ決めて解散!

ごちそうさまでした!!!

※第2回の日本酒オフ会はこの3人が中心となって開催することになろうかと思いますので、お楽しみに。

(2010.8)


■お店のデータ
酒ぼうず
広島市佐伯区海老園2-3-14
0829255224 
17:30~22:30(LO22:30)
定休日:日曜日


■酒ぼうずの訪問記はこちら
酒ぼうず2(2011.1)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック