2010年09月11日 (土) | Edit |
「受」と言う字を墨書の丸で囲んだ独特のロゴマークを持つお店で、西区三篠町にある居酒屋です。

以前訪問したときに面白いロゴマークだなと思いご店主に話しを伺ったところ、島根県王祿酒造の「王祿・渓(おうろく・けい)」というお酒のラベルから取ったとの事でした。

2010082419030000.jpg

けい
※確かに良く似ていますね。



同じ西区に住んでいながら、横川・三篠エリアは意外と縁遠い場所。

お酒を飲むことを考えたら、自宅からだと広電→JR→バスor徒歩というルートになり、正直なところ乗換えがちょっと面倒だなぁと思ってしまいます。

この度は仕事が終わって八丁堀バス停から広島交通のバスに乗り、乗り換えなしで訪れてみました。



店内は高級割烹とまではいきませんが、「和」で統一された内装はとても好印象です。

カウンター、テーブル、奥の座敷と3種類ある客席のうち、僕たちはお店に入ってすぐのところにあるテーブル席に案内されました。



野菜と魚を食べたくてこの店に訪れましたので、それらを中心に注文。



刺身の盛り合わせです。

さざえ、甘エビ、鯛、カンパチ、トロ、鯵、秋刀魚、イカが2切れずつ盛られています。

見るからに美味しそうで、実際食べても美味しかったです。

2010082419400000.jpg

秋刀魚は噛むと、ぶわっと香りが立ち口の中を満たしてくれます。

鮮烈な旨さです。

さざえの肝は、あの独特の苦味はなく濃厚な旨みだけが押し寄せてくる感じ。



ポテトサラダはきゅうりとハムが使われていて、黒胡椒を利かせたタイプのもの

。ジャガイモの甘みと黒胡椒の対比が面白い一品でした。

2010082419220000.jpg



大長ナスの揚げ浸しです。

焼いて皮をむいたナスに鰹の出汁がしみ込み、さっぱりと旨いです。

2010082419190000.jpg



この日唯一の肉類は、和牛冷しゃぶ生トマトソース。

2010082420230000.jpg

名前からはどんなものが出てくるか想像できませんでしたが、冷しゃぶと生のトマトやバジルを合わせ、カルパッチョ風に仕立てた一品でした。



お酒は、愛知県の「醸し人九平次・純米吟醸」と島根県「王祿・純米大吟醸」をいただきました。

料理だけではなく日本酒に関してもなかなかレベルの高い物を揃えてらっしゃいます。



お店の方は満席となり、注文した品がなかなか出てこなくなったため早めに退散。



以前から変わらず美味しい料理と美味しいお酒を味わうことが出来て、満足でした。

欲を言えば1割ほど値段が安ければよいのですがねぇ。。。

僕にとっては頻繁に訪れることの出来ないお店ですが、若いご店主を中心にこれからも頑張って欲しいお店の一つです。


ごちそうさまでした!!!


※「うけがわ」は軽く済ませたので、この後は徒歩で麻辣商人に行き担担麺(温)+ご飯を食べて家路に着きました。一時、味のブレが大きいので心配しましたが、この日は担担麺も卓上の調味料も良くなっていたように感じました。これが続いてくれれば良いのですが。

(2010.8)


■お店のデータ
UKEGAWA(うけがわ)
広島市西区三篠町3-7-10
0825091298
11:30~14:30(平日)
18:00~24:00
※ランチ営業は以前の情報。この度は確認していません。
定休日:第3日曜


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック