白目をきれいに
2010年09月02日 (木) | Edit |

(閉店確認済み)


オープン前からツイッターで随分と話題になっていた豚骨ラーメン店です。

本店は福岡県の行橋市ということころにあり、広島からわざわざ食べに行ったラーメンフリークもいるほど。

そんなお店が8月17日(火)にオープンすると言うことで楽しみにはしていました。

が、開店当初は混雑するだろうと思い、9月に入ってから行くことにしていたのですが、その意を改めさせられるツイートが次から次へと。



『金田家。極上の一杯だった。もしかすると本店で食べた前回よりも、より濃くてクリーミーだったかと。憶測だけど、広島のほうが軟水でスープに適しているかも知れない。』

『qazさんに教えていただいた店なんで感謝しております。 3日間は本店店主さんが来られて味など色々とチェックされてるみたいです。』



ん、やっぱり行こう(笑)。



新華園(こんなお店)で冷麺を食べる予定を変更して行って来ました。

11時の開店前には着いておこうと思い、自宅を出発。

到着は10時50分頃。

開店2日目だからか、事前にメディアで情報が流れていなかったからか、初日のような行列はできておらず、僕の前には2組いただけ。

※行列の先頭はburarinabeさんだった事が判明したのは後から(笑)。

2010081810580000.jpg

2010081810580001.jpg
※勝手に写してごめんなさい、鍋さん(笑)。



店内はテーブル席が何席かとL型カウンターという作り。

オープン直後のためお祝いの花があちこちに置いてあったりご祝儀の袋が壁に貼られたりでおめでたい雰囲気が出ていました。



スタッフの数は多く、ホールは女性陣で5名程。

厨房は男性陣で4名ほどの陣容。

その中に1人、ひときわ緊張感みなぎる男性が。

白い服を着たあの方が金田家(福岡)のご店主でしょうか。

開店直後はこの方が麺を担当されていましたが、5~6杯作られた時点で隣にいる男性にバトンタッチし姿を消されました。



僕は黒豚ラーメン680円を注文。

丼に元ダレと香味油(?)を入れ、豚骨スープをひしゃくで寸胴からすくい、ざるで漉しながら丼に注ぐ。

湯であがった麺を丼に投入し、具材を乗せて完成。

2010081811110000.jpg

前日の写真ではスープは真っ白に見えたのですが、実際は少しだけ茶濁していますね。

※初日と2日目でスープの仕上がりが違うということなんでしょうか。

見るからに濃いそうなスープですが、豚骨特有のいやな臭い・獣臭は感じられません。

醤油豚骨の広島ラーメンを提供するお店でさえ、獣臭が漂うお店がある中、これはなかなか凄いことです。



まずはスープを一口。

旨い。

コクがありますがくどさはなく、ごくごく飲めます。

クリーミーという評判でしたが、僕はクリーミーさよりもコクの強さを感じました。



麺は豚骨ラーメンでは定番の細麺。

コチッと歯に芯が当たるぐらいの茹で加減も良いですね。

2010081811120000.jpg



具材はきくらげ、チャーシュー、海苔、青ネギですが、麺とスープが良すぎて具材の印象は残っていません(苦笑)。

替え玉しました。

麺の上に青ねぎ、下に元ダレが掛かっていました。

2010081811180000.jpg



以前食べた「國松日和」(こんなラーメン)の方が豚骨スープとしての凄みがあります。

しかし、1杯のラーメンとしての総合力、いや味付けという点で僕は金田家の方が評価が高いですし、好みでもあります。

今までに食べた豚骨ラーメンの中で最上位クラスである事は間違いありません。



皆さん心配をしていますが、ご店主がいなくなった後この味を維持できるかどうか、それがこのお店のポイントでしょうね。

僕はとても期待していますよ。

ごちそうさまでした!!!


※この記事の内容は8月18日時点のもの。今はどうなっていますかねぇ。。。

(2010.8)


■お店のデータ
金田家和田党(かなだやわだとう)
広島市中区宝町4-13
0822467288
11:00~15:00(LO 14:30)
17:30~21:30(LO 21:00)
定休日:未定
黒豚ラーメン680円 替え玉150円
駐車場はありません。


■金田家和田党の訪問記
金田家和田党2(2010.12)
和田党(2012.12)


■その他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック