白目をきれいに
2017年07月26日 (水) | Edit |
-納得感あり-





広島駅からマツダスタジアムに行く道沿い

いくつかの店がある中で、愛宕踏切に近い場所にあるお好み焼きの『京ちゃん』に行ってきました。

京ちゃん 外観

元々は猿猴橋町にあったお店でして、球場オープンをきっかけに移転されたのかもしれませんね。





ご常連らしき男性を相手しているのは、大女将的な女性。

彼女に出迎えてもらい、鉄板席の中央に座ることに。

目の前にいる焼き手の女性は、彼女とよく似た人。

ひょっとしたら、親子とかなのかなぁ。





注文したのは、いつものように肉玉そば。





粘り気のある生地を丸く薄く敷き、魚粉・キャベツ・青ねぎ・天かす・もやし・豚バラまでを一気に積み上げます。

反転したら、本体の脇めがけて液体をちゅーっと注し、銀の蓋をかぶせて蒸しに入ります。

京ちゃん 途中





そばは生麺。

片面をしっかり焼き、ひっくり返したらソースをペタリ。

そして卵を割り、そばに貼り付けるではありませんか!

本体はまだ、蓋の中ですぞ~





卵に少し火を通したら本体の蓋を取り、何度かプレス。

京ちゃん 途中2

そばの上へスライドさせたら、後の工程は通常通りで完成です。

京ちゃん お好み焼き





ぽってりと嵩のある見た目。

生麺らしくがっしり感のあるそば、ウェットでポリポリ感残したキャベツ。

魚粉の効きも丁度いいなぁ。

場所柄とお値段でどうかなと思っていましたが、なかなか旨いお好み焼きだと思います。





定食類も豊富に揃っていますし、近くで働いていたら何度も訪れるだろうな。

ごちそうさまでした!!!

(2017.6)



■お店のデータ
京ちゃん
広島市南区荒神町1-20
0822628483
11:00~14:00
17:00~22:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック