白目をきれいに
2017年07月22日 (土) | Edit |
-券売機の功罪-





「食べたいものが決まらない日は、食堂に飛込め」

ということで訪れたのが、紙屋町にある『米米食堂』です。

※誰の言葉なのかって?僕です(苦笑





お店の場所は、国際ホテルの裏辺り。

一つ前に「そば処禅」という店が入っていた場所でして、更に前には「海風堂」があった場所と言えば、ラーメン好きの方にはピンと来ると思います。

米米食堂 外観





中に入ると食券購入を促されますので、タッチパネル式の券売機で購入しましょ。

定食と麺類のメニューをささっと確認し、「名物」と謳ってある鶏の唐揚げ定食(中)をタップ。

食券を手渡し、指定された席に座るという流れです。

米米食堂 店内

米米食堂 店内2





しかし、この券売機って言うのは、なかなか厄介なものですね。

初めての店だと注文決めるのに時間掛かっちゃいますし、お昼時だと、焦ってますます決まらない人もいるでしょう。

一見客にはなかなか厳しいシステムだけど、店側のお会計の手間を考えるとアリなんでしょうしね。





とか考えていると、鶏の唐揚げ定食の登場です。

米米食堂 鶏の唐揚げ定食 中

ご飯・味噌汁・小鉢・漬物・メインのプレートで740円だったかな。





メインに寄ってみましょう。

米米食堂 鶏の唐揚げ

大き目の鶏の唐揚げが4つ。

片栗粉の衣はさくっとしていて、肉にはジューシーさが残る、丁度いい揚げ具合。

ニンニク醤油ダレの風味と課長さん比率の高い塩胡椒。

これは、ご飯がススムくんなタイプではありませんか~

鶏の脂・衣の風味・課長さんのおかげで、ビールのあてにもピッタリかなと。





ご飯はお代わり自由。

保温ジャーから好きなだけよそうセルフスタイルです。

元々が小さめのお椀での提供なので、唐揚げ4つを食べ切ろうと思ったら、お代わり必須。

僕もお代わりをしてしまい、図らずも食べ過ぎてしまいました(苦笑





お米にはこだわっているらしく、生産農家の方を顔写真付きで紹介しているほど。

確かに、ご飯は旨かったと思います。

なお、冷奴等に使う醤油はとても出やすいので、ご留意ください。





他の定食類は800円台が多く、丼物も似たような価格帯。

麺類単品は500~600円台が中心。

それらと比べると、唐揚げの定食は妥当な金額だと感じました。

ごちそうさまでした!!

(2017.6)



■お店のデータ
米米食堂
広島市中区紙屋町1-5-3
0822418138
11:00~22:00
※日祝は~21:30
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック