白目をきれいに
2017年06月26日 (月) | Edit |
-悪い印象だったけど-





ちょっと気になっているお店。

ステーキの「ミディアム」と小料理の「こまき」。

これらのお店が同じビルに入っているとは認識しておりませんでした。





それが発覚したのも、『馬ちゃん家』を訪れたから。

馬ちゃん家 看板

何と、こちらも同じビルだったとは(笑





エレベーターで3階に上がり中に入ると、こげ茶の床にこげ茶の調度品、カープ関係の掲示物で埋まった白い壁。

馬ちゃん家 店内2

馬ちゃん家 店内

20名少々まで入れそうなお店を男女2名で切り盛りされています。





居酒屋らしく、豊富なメニュー。

壁にはオススメが掲示されていて、季節物の魚や野菜、日本酒などがあることが分かります。





つき出しは、ナマスと蕗の煮物・アサリ。

馬ちゃん家 つき出し

どれも少し醤油が勝った味付け。





もずく酢。

馬ちゃん家 もずく酢

二杯酢もちょっと醤油辛くて、これが味付けの傾向なんでしょうかね。





ツナと梅のあっさりサラダ。

馬ちゃん家 サラダ

左右のトマトがちょっと凝った盛り付け。

梅の酸味が心地良いものの、ツナとドレッシングの影響で油は多め。

あっさりではありませんが、まずまず旨いと思います。





若鶏の唐揚げ。

馬ちゃん家 鶏の唐揚げ

なかなか可愛らしい盛り付けの唐揚げは、衣がかりかりでスナッキー。

肉は少しパサついていますが、こちらもまずまず。





和牛のたたき。

ニンニクの有無を聞かれたので、ありでお願いしてみました。

馬ちゃん家 和牛たたき

少し甘いタレで食べるも良し、そのまま食べるも良し。





お刺身盛り合わせをお任せで。

馬ちゃん家 刺し盛り

生たこ・真あじ・ヒラメの3種盛りでして、なかなか旨いお刺身でした。





稚鮎の天ぷら。

馬ちゃん家 稚鮎の天ぷら

稚鮎6匹に、はじかみ。こしあぶら・舞茸・筍は二つずつ。

一人前だと多すぎるし、二人前だと頼んでないし。

これはどっちなんだろうか(苦笑

天ぷらの衣も唐揚げ同様にガリッと系。

稚鮎やこしあぶらのほろ苦さが添えられた塩とよく合っていて、なかなか旨い天ぷらでした。





お客が増えてきたし、タバコもモクモクし始めたので、この辺りで退散。

お酒は、生ビール2と日本酒(元晴・天宝一を各1合)。

お代の方は二人で8,000円程度。





最初の数品は、料理の提供スピードがかなり遅くて困ってしまいましたが、後半の満足度は高かったです。

個人的に再訪はありですし、会社の飲み会で使ってもいいかもしれません。

ごちそうさまでした!!

(2017.5)



■お店のデータ
馬ちゃん家
広島市中区堀川町1-29
0822440334
18:00~翌3:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック