白目をきれいに
2017年06月21日 (水) | Edit |
ー意外にも良かったー





汁なし担々麺気分の日。

GW中でも開いていると聞いたので、八丁堀の「くにまつ」に行ってみると、案の定の行列。

10名以上は並んでいて、さすがに諦めることに。

勤め人には時間制限がありますからねぇ。





何店かに振られ、汁なし担々麺は諦め気味に。

最終的に辿り着いたのは、歓楽街の外れにある中国料理の『萬来』です。





平日に訪れた際は、入口横にランチメニューが張られていたけど、この日はないなぁ。

席に座り手渡されたメニューは冊子状のしっかりとしたメニューブックでして、中には単品の記載しかありません。

他のお客を見ても定食らしきものは食べてない。

丼物でも食べよかなとページをめくってみると、メニューに汁なし担々麺を発見!

これは食べとくでしょう~





萬来 汁なし担々麺

卵スープが付いてくるものの、何だか貧相な見た目。

具材が少なめなのと、麺の量が汁なしにしては少ないことがその理由でしょうか。

追加したご飯は、こんもりと盛られた丼めし状態。

「これは多いじゃろ~」と思いながらも、麺をおかずに食べ進める以外ありません。





汁なし担々麺をひっくり返したところで見えた白いタレ。

ん?豚骨?とか思いましたが、これは芝麻醤の色でしょう。





クリーミーなゴマのコク・ささやかながら主張する山椒・食べる推進力となる塩気。

醤油の存在をあまり感じさせない味付けで、ラー油や山椒に頼らない作り。

この塩気がポイントでして、なかなか食べさせる力があると思います。

多いかなと思ったご飯も進む進む(笑

難点は単品で700円と言う金額ですかね。

※ご飯込みで800円。





汁なし担々麺ってタレの味が濃いことが多かったので、ある意味新鮮な味わい。

お好きな方は試してみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!

(2017.5)



■萬来の訪問記
萬来(2013.7)
萬来2(2014.7)
萬来3(2017.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック