白目をきれいに
2017年06月15日 (木) | Edit |
ーオリジナル府中焼きとはー





人生で二度目の府中焼きは、橋本町の『笑壺』で。

※お初は「としのや」。

こちらの府中焼きは「笑壺オリジナル」との記載あり。

前回訪問でなんだろうと思っていたので、その辺りの確認も含めて食べてみましょうかね。





焼く手順は広島のお好み焼きと変わらず。

大まかに書くと、生地にキャベツ・天かす・各種調味料・ミンチを乗せ反転。

笑壺 府中焼き 途中

本体は何度もぎゅうぎゅうとプレスを掛け、水分を抜くと同時に脂を全体に回します。

そばは、出汁のような液体を掛けてほぐし焼き、本体と合体。

たまごを貼り付けたらソースを薄く塗り、青海苔・ゴマ・魚粉などで完成を迎えます。

笑壺 府中焼き





適度な脂のコク、ほっこりウェットなキャベツ・カリカリのミンチ。

なかなか香ばしい仕上がりで、これは確かに旨いなぁ。





一般的な府中焼きとの違いは、ひき肉を乗せる順番。

こちらではキャベツ・ひき肉で反転させて焼きましたが、一般的にはキャベツ・そば・ひき肉と乗せて、そばをパリッとさせるんだそうです。

つまりは、この点がオリジナルと言うことなんでしょうか。





ま、なんにせよ旨い府中焼きでした。

本場に行く前に、もう何枚か近場で食べてみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2017.5)



■笑壺の訪問記
笑壺(2017.2)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック