白目をきれいに
2017年05月31日 (水) | Edit |
-府中焼き、初体験-





今回訪れたのは、府中焼きの『としのや』。

広島市内に8店舗を展開しており、中には宅配専門店も。

実は府中焼きは今までに食べた事がなく、今回が初めて。

どんな感じか楽しみですね~





としのや 外観
※庚午店です。

明るくきれいな店内。

客席は鉄板前と座敷の2種類です。

おひとり様だった僕は鉄板前を勧められたので、調理の様子が目の前で見えるほうを選択。

もう一方の鉄板はこの日は使われていませんでした。

としのや 店内





ざっとメニューをみて、生ビールと2品ほどを。

まずは冷奴から。

食べるラー油がかかっているので、そのままいただいてみましょう。

としのや 冷奴

ラー油の辛さはピリ辛程度。

むしろ甘さのほうが強く感じられます。

僕にはちょっとクドイかな。





鉄板焼きのメニューからは、軟骨の生姜焼きを。

としのや 軟骨生姜焼き

肉が付いてる軟骨(ヤゲン)を甘辛生姜なタレで炒めた料理。

割とボリュームありますし、下に敷かれたキャベツで野菜が摂れるのはいいですね。

しかしながら、ここでもタレの甘さが少し強いかなと感じました。





次、何飲もうかな~

あっ、三吉正宗発見!

としのや 酒メニュー

なるほど、備後の酒だもんね。

としのや 三吉正宗
※枡は亀齢だけど(苦笑





府中焼きの説明。

ふむふむ。

としのや 説明

こちらでは、卵を外側に貼り付けて焼き時間が短い「白」と卵を中に入れて20分程焼く「黒」があるようです。

としのや 白黒

今回は、イチオシっぽい麺パリの「黒」を注文。





生地を敷き、魚粉・多めの細いキャベツ・天かすと積み、キャベツの真ん中をへこませたら卵を落とします。

細いそばをほぐしたら更に積み重ね、ミンチをオン。

ここからしばらく放置に入ります。





反転させ、整形。

鉄板に触れている面は脂がふつふつと。

焼けたら、ソース・青海苔などで仕上げて完成です。

としのや お好み焼き





へらは小型で角が丸いタイプ。

としのや ヘラ

いつもよりも小さく切り分けて、少しずついただいてみましょう。

としのや 断面





そばはカリポリ。

キャベツの主張は抑え気味で、卵の存在感が強め。

ビールやチューハイとの相性は良さそうですね。

脂が強いのと、野菜パートが卵の影響でもさもさしていたのが気になる点でしょうか。

単調な味わいが飽きを呼ぶので、マヨネーズや一味で味を変えながらの完食です。





この焼き方は僕の好みとは違っていたのは残念でしたが、初めての府中焼き、堪能いたしました。

本場府中市にも行ってみたいですが、まずは広島市内で何店か食べてみようかな。

ごちそうさまでした!

(2017.4)



■お店のデータ
としのや
広島市西区庚午北3-1-2
0825071048
11:00~14:00
17:00~23:00
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック