白目をきれいに
2017年04月23日 (日) | Edit |
■今月のお酒
弥山 純米吟醸無濾過原酒
六郎次 純米吟醸生酒
刈穂 純米生原酒
天の戸 氷晶 純米吟醸うすにごり




3月は4本のレビュー。

本数は多くありませんが、なかなかの粒ぞろいでした。

中でも、良さを再認識したのは弥山。

ここ何年か注目している蔵でして、徐々に旨くなっているように感じました。





(評価は、なし~★★★★★。個人の好みで評点をつけています。)





弥山 純米吟醸 無濾過原酒 ★★★
醸造元:中国醸造(廿日市市)

弥山 瓶

久々の弥山はいただき物。

何だか毎月のようにお酒もらってるなぁ。

ホント、ありがとうございます(笑



弥山はいつも冷やして飲むんですけど、たまにはねと思い、常温保管から開栓してみました。

弥山 ラベル



瓶口からは華やかそうな香りが。

ぐい呑みに注いでみても華やかに香りますが、含んでみると案外香りは強くありません。

最近の雨後の月にも似たバランスのよさを感じるお酒でして、これ、なかなか旨いなぁ。

開栓から数日経っても、そのバランスは崩れませんでした。

弥山 裏





六郎次 純米吟醸 生酒 ★★★
醸造元:栃倉酒造(新潟県)

六郎次 瓶

近所の石川酒店で見つけて、ジャケ買いしたお酒。

六郎次という名前が珍しいなと思い調べて見ると、杜氏の郷六郎次氏(故人)にちなんでいるとのこと。



何となく、気合を感じるこのお酒。

とりあえず飲んでみましょ。

六郎次 ラベル2



濃いそうな香り。

含むと、とろんと丸くて、そこそこボディあり。

新潟のお酒なのでスレンダーかと思いきや、「脱いだら凄いんです(古っ)」な印象です。

旨味が余韻として長く残るのも、ちょっと意外な感じ。

「たかちよ」を飲んだときも同じ印象を抱きましたが、なかなかいい酒じゃありませんか。

六郎次 ラベル





刈穂 純米生原酒 ★★★
醸造元:秋田清酒(秋田県)

刈穂 瓶

こちらも石川酒店で。

蔵付自然酵母仕込&沈殿したおりに惹かれての購入です。

さてさて、どんな感じなんでしょうか。

冷蔵庫から出したてを開栓です。



刈穂 たすき

香りは穏やか。

含むと、旨味がじわっと一定量溶け出すような進捗具合で、余韻に至るまで一定の旨味が感じられます。

最後に感じる少しの渋みがアクセントでしょうか。

見た目では薄にごりなんですけど、おりによる支配感が強いのが特徴。



転がすと、ジューシーなボディに、生もとらしくないキュートな酸味。

グッとコクのある薄にごりでして、旨いうまいとあっという間になくなりましたとさ(笑

刈穂 ラベル





天の戸 氷晶 純米吟醸うすにごり ★★★
醸造元:浅舞酒造(秋田県)

天の戸 氷晶 瓶

うすにごり好きな、妻のイチオシに従い購入。

ラベルに書かれたダイヤモンドダストとは、細かい氷晶のことらしく。

ダイヤモンドダストと聞くと聖闘士星矢を思い出すのは、年代のせいなんでしょうか(笑

米は、東北電力開発米の「星あかり」を採用。

調べてみると、「初星(こちらは食米)」と「美山錦」の交配から出来たお米なんですって。



さてさて、どんな感じなんでしょうか。

冷蔵庫から出したてを開栓してみました。

天の戸 氷晶 ラベル

おりを感じる香り。

含むとトロンとした口当たりで、おりが絡んだコク、ピリ辛。

後からぺタッとした甘さが口直し的に。

発泡感はなく、酸味はそんなに目立ちません。



白麹使用・瓶内二次発酵のシルキーとは、また別物のにごり酒。

飲んでいると、まったり落ち着いた気分になるのがいいですね。

天の戸 氷晶 ラベル横





その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
毎月の楽しみ
弥山、良さそうですね。買ってみなきゃ🎵
2017/04/23(Sun) 13:52 | URL  | 初心者呑み助 #-[ 編集]
初心者呑み助さんへ
コメントありがとうございます!
毎月の楽しみと言われると、俄然頑張っちゃいますよ〜
弥山は最近旨いなーと思うんです。
好みもありますけど、飲まれたら感想お聞かせください〜
2017/04/24(Mon) 22:13 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック