白目をきれいに
2017年04月26日 (水) | Edit |
-近所にあると嬉しい-





どうして「小料理」というフレーズに惹かれるんでしょう。

「日本料理」や「居酒屋」にはないムードを感じるからでしょうか。

それとも、美人女将をイメージするからでしょうか(笑





今回訪れた『かなえ』も、店名に「小料理」を冠するお店。

かなえ 看板

アドレスは西区天満町でして、店の場所は平和大通りと西郵便局の中間くらいです。

かなえ 外観
※隣はお好み焼きの「武酉」。

妙齢のかなえママがいる、しっぽりとしたお店なのかなぁ。

そんな不純な事を考えながら店に入ってみました(笑





ネタケースのあるカウンターに5席とテーブル2卓の小さめなお店でして、切り盛りは朗らかな男女がお二人で。

どうやら「かなえ」という苗字の方が経営しているようで、かなえママが一人でしっぽりと、ではないんですね(苦笑

かなえ 店内

かなえ 店内2






とりあえず生ビールを注文し、ぐいっとジョッキをあおったところで、お通しが登場。

かなえ お通し

レタスなどの野菜と炒めたベーコンをマヨベースのドレッシングで和えた一品です。





続いては出汁巻き。

かなえ 出汁巻

わりとしっかり焼いた出汁巻きでして、味付けは、出汁感よりも塩気が強め。

思っていたのとは路線が違いますが、これはこれでビールのお供に良いと思います。





僕以外のお客はご常連らしく、ご店主夫妻とやりとりはにこやかに。

僕も何度か話しかけられましたけど、とてもいい雰囲気だなぁと感じました。





ここらで日本酒にスイッチ。

常温でお願いすると、出てきたのは亀齢の上撰。

かなえ 日本酒

どのような飲み方でも旨い、亀齢の上撰。

普段飲むのはこのクラスで十分です。





「酒にはこれ合うよ」と出してくださったのは、白子の煮付け。

かなえ 白子煮付け

軽い白子のコク、ほんのりとした甘辛さ。

確かに酒に合いますね~





もう少し飲み食いしようと思い、刺し盛りを。

かなえ 刺し盛り

カンパチ・たこ・ヒラメなどの盛り合わせでして、何が嬉しいって、ワサビがチューブではなく生ワサビなんですよ。

しかも、おろしたて。

まずまず旨い刺身、少し強めのお醤油、刺激が後を引かない生ワサビ。

ここは生ビールよね、と追加(笑

お酒強いのねぇ、と女将さん。





一人で入ってくる女性もいたりして、なかなかのウエルカム感があるお店。

一見さんでもあたたかく迎えてくれるし、この界隈でふらっと寄るにはいいお店ではないでしょうか。

ふとした折に、また立ち寄ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.3)



■お店のデータ
かなえ
広島市西区天満町6-7
電話番号:未確認
営業時間:未確認
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
確かに、小料理、料亭と、いった所は、敷居の高さ、美人女将は兎も角、何か色々と雰囲気が違った感じがある。

本通りにある、粹心に行った時も、それを感じましたね。
2017/04/26(Wed) 19:12 | URL  | きつゞ #-[ 編集]
きつゞさんへ
美人女将大事じゃないんですか(笑
ま、それはともかく、小料理や料亭という言葉の響きは特別感ありますよね。
街場の小料理屋を攻めてみたいとは思ってるんですよ。
2017/04/26(Wed) 21:49 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック