白目をきれいに
2017年04月14日 (金) | Edit |
-その名の通り-





今回訪れたのは、段原に新しくオープンしたラーメン店『煮干しと豚』。

聞くところによると、「二代目もんごい」がセカンドブランドとして出したお店なんだそうです。

さてさて、どんな感じなんでしょうか~





お店の場所は、段原を南北に貫く大通り沿い。

比治山トンネルとの交差点近くにお店があります。

煮干しと豚 外観





お店自体は小さく、客席はカウンターに10席程。

12時15分頃の訪問でしたが、空席は1つだけで、僕よりも後のお客は少し待っていたみたいです。

お店の切り盛りは男女2名で。

「二代目もんごい」の社長自ら調理場に立ち、ラーメンを提供しています。





メニューです。

こちらは写真付き。

煮干しと豚 メニュー

トッピングが記載されたものはカウンターに掲示されています。

煮干しと豚 メニュー2





2種類のラーメンから選んだのは、にぼぶた塩。

せっかく来たんですから、煮干たっぷりのラーメンを食べようかなと思いまして。





煮干しと豚 にぼぶた塩

出てきたラーメンはスープ表面に張った膜と、きれいな盛り付けが印象的です。

鶏と豚の2種類のチャーシュー、小松菜、きくらげ、あおさのり。

粗挽きの黒胡椒もかかっていて、ちょっと期待のビジュアルですね。





まずはスープから。

煮干しがしっかり感じられるスープで、豚の存在感はそこそこな印象です。

麺は特筆する点ありませんけど、他店舗でも使っている三田製麺所のものかな。

煮干しと豚 麺

すすると、煮干しと塩気がクローズアップされ、なかなか旨いではありませんか。





しっとり仕上げた鶏胸肉のチャーシューもいいですし、あおさの風味も意外と合っている印象。

後半になると豚の重さを感じ始め、これは年齢的なものではなく、僕のコンディションの問題ということにしておきましょうかね(苦笑





ご飯コーナーをパチリと。

煮干しと豚 ご飯の漬物

白ご飯は100円でお代わり可能。

漬物もご自由にという設定は、「骨々亭」を思い出します。





なかなか惹きのあるラーメンでした。

もう1種類は、ピリ辛豚骨で細麺ではなさそうなので、次回はそちらを食べてみなくては。

ごちそうさまでした!!!

(2017.3)



■お店のデータ
煮干しと豚
広島市南区段原2-14-8
電話番号:未確認
11:30~?
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック