白目をきれいに
2017年06月28日 (水) | Edit |
日本酒名の入った琺瑯看板。

趣味で集めていたり骨董品屋にあったりしますが、それ以外の看板やビニルテントは保存されていないように思います。

建物がなくなると、その存在も消える。

そんな儚い看板類を集めた記事。

第十二弾です。





安芸美人@南区向洋

安芸美人 看板

JR向洋駅南口エリアで見つけた看板。この一帯が区画整理に入ってしまい安否を心配しておりましたが、残っていてひと安心。区画整理のエリアからは外れているのかもしれません。安芸美人は、府中町から海田町に抜ける細い道沿いあった安芸酒造の酒とのこと。看板の文字を良くみると、安芸の「安」がひらがなの「あ」に見えてきます。こんなところで、平仮名の成り立ちを実感するとは。





白蘭@南区的場町

白蘭 看板

的場町でランチした際、ふと通りかかって目に入った看板。三次にある白蘭酒造の銘柄でして、広島市内では初めて見かけたので写真に収めてみました。白蘭酒造はカープの永川と梵を応援するお酒(勝浩&英心)を出した蔵。確か7~8年前の事ですが、ファンの方ならピンと来るかもしれませんね。





いい看板に出会えたら、記事をアップいたします。



その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック