白目をきれいに
2017年03月29日 (水) | Edit |
-とろろって事ですよね-





今回訪れたのは、中区幟町にある『NE・BER』というお店。

エリザベト音大よりも2ブロック南にあって、「児玉」という日本料理のお店が隣にある立地です。

NEBER 外観





店頭には手書きメニューが置かれていて、とろろを売りにしているような印象。

NEBER 夜メニュー

と思いきや、入口の横には煮込みハンバーグの文字もあって、こちらもイチ押しでしょうか。

NEBER 看板





とりあえず中に入ってみると、オレンジ系の明かりでやや暗めの照度。

手前にテーブル席を置き、段上がりの上にはカウンター席が用意されています。





カウンターの端っこに陣取り顔を上げると、ワイングラスに赤い花、バゲットとおしゃれな雰囲気。

NEBER 店内

その向こうに見えるシルバーのおでん鍋が、何だかミスマッチで面白いなぁ(笑





メニューは店内にもありますが、外のほうが見やすいのでそちらを上げておきます。

NEBER ランチメニュー

売りの二つを組み合わせた定食が筆頭ではありませんか~

これは頼まざるを得ないでしょう!





NEBER 煮込みハンバーグ定食

出てきた定食は、煮込みハンバーグを中心に麦飯・とろろ・小鉢・漬物・サラダ・味噌汁という内容。





煮込みハンバーグに寄ってみましょう。

NEBER 煮込みハンバーグ

表面は焼き固められていて、周囲のソースはコクの軽いデミグラスな感じ。

付け合せのポテサラ含めて、なかなか旨いのではないでしょうか。





麦とろご飯。

NEBER 麦とろごはん

ハンバーグや小鉢のひじき、漬物類をおかずに、ずるずるっと。

ノンオイルドレッシングのサラダで口を変えつつ、熱々濃い目の味噌汁を飲みつつ完食です。

麦とろご飯って久し振りに食べましたけど、たまには良いなぁ。





そして、お店の名前の読み方は、『NE・BER(ねばる)』。

とろろだから、という事でよろしいんでしょうかね(笑





あ、そうそう。

ほぼ満席でありながら提供時間が早くて驚きました。

ハンバーグを焼いておいて工程を一つ省いたのかなぁ、なんて思ったりもして。





夜はワイン片手に楽しめそうですし、ちょっと行ってみたくなりました。

NEBER 夜メニュー2

夜の宿題が増える一方なので、ちょっとずつこなしていきたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.2)



■お店のデータ
NE・BER
広島市中区幟町9-4
0822220332
11:30~13:30
18:00~24:00
定休日:未確認
※日曜は休みだと思います。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック