2017年02月16日 (木) | Edit |
-無難といえば無難-





昨年8月にオープンしたラーメン店『一縁』に行ってきました。

※最近やってないらしいですが…

お店の場所は、鷹野橋商店街を舟入方面に抜けた先。

住吉町に渡る橋のたもとで営業されています。

一縁 外観

一縁 看板





店は思いのほか広く、入口付近のテーブル2卓・カウンター6席に加え、奥にもテーブル席が。

一縁 店内

30名程度の収容は可能と思われます。

お店の切り盛りは男性2名で。





メニューです。

一縁 メニュー

筆頭メニューのラーメンは、いわゆる「豚骨」。

それ以外のメニューは、トッピング追加系がほとんどで、チャンポン(長崎)だけは系統が異なるんでしょうか。





注文したラーメンは、約2分で登場。

一縁 ラーメン

薄っすらと張った油膜に、やや茶色掛かったスープ。

具材は、大判の豚バラロールチャーシュー・きくらげ・青ねぎです。





スープは油脂少なめでするっと入ってきますが、塩分や課長さんはそれなりに効いていそう。

濃度は中濃程度。骨っぽさは感じられません。

ほんのりとした甘さは焦がしねぎ由来でしょうか。





麺は、細麺をやや固めでの提供。

ザクッとしたきくらげ・香りの良い青ねぎ・後口が甘いチャーシューはまずまずでしょうか。

嬉しいポイントとしては、水がレモン水であること。

口の中がさっぱりするのが良いですね。





特段のプラスマイナスはなく、無難な豚骨ラーメンという印象。

次回があれば、チャンポンを食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2017.1)



■お店のデータ
一縁
広島市中区大手町5-4-8
0825696770
11:30~
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック