白目をきれいに
2017年01月18日 (水) | Edit |
-豊富なおかずが嬉しい-



お目当ての店に2軒続けて振られ、次の店に向かう際、偶然前を通りかかった『まつなが屋』。

的場町電停近くの電車通り沿いにあるんですけど、今の今まで全く気付きませんでした。

まつなが屋の外観

まつなが屋の看板

入口が少し奥まっていて入りにくさはありますが、取って食べられるわけでは無いので入っちゃいましょう。

まつなが屋の入口





中に入ると、これまたレトロ系の空間が広がっていて、内装の痛み具合が歴史を物語っています。

客席は全てテーブル席。

机と机の間は水槽で仕切られていて、鮮やかな色の水草とかわいらしい金魚が、空間に柔らかさをもたらしています。

まつなが屋の店内

客層は男性ばかり。

喫煙OKですので、苦手な方はご注意ください。





お店の切り盛りは男女2名で。

席数を考えると少ないようにも思いますが、品出しは滞ることなく案外早め。

この辺りは熟練の技と言うことでしょうか。





入口に掲示されているメニュー。

まつなが屋のメニュー

麺類・丼物・カレー・定食というラインナップで、食事中心の喫茶店メニューといった感じです。





注文したのは、カツ定食800円。

まつなが屋のカツ定食

メインのトンカツが乗ったおかずプレート、ご飯、味噌汁という内容です。

写真では分かりにくいと思いますが、ご飯もおかずもなかなか良い盛り。





早速メインに寄ってみましょう。

まつなが屋の豚カツ

大きさも厚みも一般的なトンカツ。

揚げ立て熱々でサクサク衣。

少量掛かったソースも定番的な旨さで、前夜から続いていたトンカツ欲を満たすことが出来ました。





麻婆豆腐と春菊のゴマ和え。

まつなが屋 麻婆豆腐と春菊の胡麻和え

ピリッと辛い麻婆、甘めのゴマ和え。

何が嬉しいって、春菊好きなんですよ。

しかも、つい先日自作したばかりだったりして(笑)。





次のおかずたち。

まつなが屋のカツ定食の煮物

こんにゃくと厚揚げの煮物はおでん風の味付け。

揚物はささみだったでしょうか。

衣が分厚くて、そこだけは今一つ。

ゆで卵は完全に固ゆでになっていないので、口の中でパサ付かないのが良いですね。

お皿の中央に盛られたサラダもそこそこあって、満足の内容でした。





レトロ系の喫茶店がお好きな方やボリュームが欲しい方におススメではありますが、栄養バランスが気になる方にもおススメかな。

ごちそうさまでした!!!

(2016.12)



■お店のデータ
まつなが屋
広島市南区的場町1-8-22
0822621551
営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック