白目をきれいに
2016年12月22日 (木) | Edit |
-この界隈ではトップクラスの旨さ-



広島駅裏の飲食店を探そうと思い、食べログで住所を調べ、ストリートビューで雰囲気を見ていたときの事。

何と!「三吉正宗」の看板を東蟹屋の細い路地で見つけてしまいました。

※最近、「日本酒の看板」というシリーズ記事を書いてまして。





福山のお酒の看板が広島市内にあるなんて!





翌日撮影しに行ったところ、看板は撤去されており、別の看板になっていました。

あぁ、遅かったか。

残念。。。





失意の中、自転車を走らせていると、お好み焼き屋さんを発見。

チェリー 外観

お店の名前は『チェリー』と言いまして、テントには書かれていませんが、よく見ると札がぶら下がっています。

チェリー 看板





店内は横に長く、左側にテーブル席2卓と右側に鉄板前3席を配置。

お店の切り盛りは女性がお一人でやられているようです。

メニューは、お好み焼き・鉄板焼きとあり、肉玉そばは650円。

トッピングは100円均一。

面白いところでは、グラタン風お好み焼き(うどん入り)が880円。

これ、気になるなぁ。





注文したのは、肉玉そばです。

丸く敷いた生地に鰹節を一つまみ。

キャベツ・青ねぎ・もやし・天かすを手際よく一気に積み上げ、豚バラ2枚・つなぎ・油で反転。

先が尖ったドレッシングボトルでつなぎを掛けるのは、初めて見ました。

チェリー お好み焼き 途中





そばは、いその製麺の生麺。

茹でたら鉄板に広げて油を掛け、ガーリックパウダー等で下味し、焼きに入ります。

本体は一度生地を取り除き、出汁のような液体をキャベツに掛けて、生地を戻すという工程。

本体の向きを何度かくるりと変え、空気を含ませながら蒸し焼きにして、しばし後にそばと合体させます。





割り広げた卵に本体を上からドスン!と落とし、反転してからソースなどを施して完成。

チェリー お好み焼き 完成

本体よりもそばの直径が大きく、仕上がりが平たいのが見た目の特徴でしょうか。





実際に食べてみると、さっくりとして切り分けやすく、一体感があり崩れにくいのがいいですね。

そばと合体する時に、一度だけ軽くプレスを掛けるんですが、それにしてはの一体感だと感じました。

そして、卵のコク・もっちりとしたそばの風味・ガーリックパウダー等がしかと感じられる味わい。

これはなかなか旨い!





ややねっとりとしたつなぎの味も調味料的に効いていて、多分偶然だと思いますが、面白かったです。

仕上がり温度は高すぎず低すぎず、熱々の少し手前。

これも食べやすさの一因ですね。





広島駅の北側で食事する機会があれば、ここも選択肢に入れると良いと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2016.11)



■お店のデータ
チェリー
広島市東区愛宕町8-11
0822642198
11:00~14:00
17:00~22:00
定休日:日曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック