2016年11月09日 (水) | Edit |
とある飲み会の〆に訪れた、つけ麺の『弁慶』。

お店の場所は流川通りでして、ビリー・ザ・キッドの斜め向かい、つけ麺の「河童」と同じ屋根の下で営業しています。


※何故か「河童」の記事が上がっていない。。。書き忘れたか~





中に入ると、前壁が高いカウンターに7席ほどとテーブルを2卓確認。

お店の切り盛りは、物静かげな男性がお一人でされています。





汁なし担担麺やラーメンもありましたが、冷たいのをツルッと食べたいと思い、つけ麺を注文することに。



麺は1玉、野菜は多め、辛さを聞かれたので無料の上限:20辛でお願いしました。





ツユは直径12~13センチほどの銀の器で登場。



表面には白ごまが浮き、ゴマの切れ目から赤黒いツユが確認できます。

そして、ツユが多いのは嬉しいですね。





本体も銀の器で登場。



野菜多目にしただけあって、麺が隠れて見えません。

具材は、キャベツ・青ねぎ・大根・チャーシュー・ゆで卵。

レモンは好みでツユに絞るようにとの指示でした。





ツユは、鰹強めで甘さもあり。

ペースト状の辛味成分は、刺す様な刺激で、深夜に心地いいじゃありませんか(笑)





キャベツは単独で。

ネギと大根はチャーシューに巻いて。

それを何度か繰り返して姿を現した麺。



ぐきっとした食感の細麺でして、なかなかいいですね。





とし」の15倍(11倍から唐辛子が変わる)を食べて、口の中と舌が刺す様な痛みに支配され、半泣きした記憶がありまして(苦笑)

あそこまでではないんですが、ひょっとしたら11倍位の辛さと同じなのかもしれません。





思いのほかいいつけ麺だったので、お昼にラーメン食べに行ってみようかな。

ごちそうさまでした!!!

(2016.9)



■お店のデータ
弁慶
広島市中区流川町7-31
0825414444
11:30~14:30
22:00~翌7:00
定休日:年中無休


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。
















関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック