2016年09月14日 (水) | Edit |
餃子とラーメン食べても、小腹が空いてる。

そうだ、あそこを覗いてみよう。

そう思い向かったのは、弥生町にあるうどんの『一本』です。





昨年の10月に偶然見つけて訪れて以来ですから、10ヶ月振り。

その間に、アテも酒もうどんも旨い店という評判が浸透し、あちこちで情報を見かけるようになりました。

お昼に前客・後客0の状態で天ぷらうどんを食べたのが、懐かしく思い出されます。





軽く飲みたいと伝えると、アテに出してくださったのは生シラス。

一本 生しらす

苦味が、らしくて良いですね。

今シーズン食べていなかったので、これはちょっと嬉しかったな。





酒は冷たいのをお願いし、雨後の月の特別純米酒を出してくださいました。





まちばりの刺さったつぶ貝。

一本 つぶ貝

こういうの出してくる辺り、酒飲みには溜まりませんね。





うどんはざるうどんで。

一本 ざるうどん

つやつや、てかてか、ぴかぴか。

そんな表現が似合ううどんは、ピシッとエッジが立っています。

人肌より少し冷たいくらいで、腰も弾力もある旨いうどん。

前回食べたのよりも断然旨いですね。

温・冷の差だけではないようにも感じました。

ツユは醤油も鰹も強め。

力強いなぁ。





1軒目から訪れてみたい。

そう思う、今回の訪問でした。

ごちそうさまでした!!!

(2016.7)



■一本の訪問記
一本(2015.10)


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック