2016年09月08日 (木) | Edit |
今の家に引っ越してきたときから気になっていた、韓国料理の『花亭』に行ってきました。

お店の場所は、「一力庵(閉店)」の近く。

ラーメンの「たちばな」の目の前にお店があります。

花亭 外観





こんばんは~と中に入ってみると、テーブル5卓にカウンター席があって、先客は3組5名。

お店の方とのやり取りを聞く限り、皆さんご常連のようです。

お店の切り盛りは女性2名で。

ご店主と思われる女性は、とてもアットホームな雰囲気で出迎えてくれました。





メニューです。

花亭 メニュー3

花亭 メニュー2

ラミネートされたA3版のグランドメニューには、ビビンバ・チゲと並び、韓国焼肉が。

説明によると、韓国焼肉がこのお店のイチオシで、肉と野菜を食べた後にご飯や麺を投入して〆るんだそうです。





その日のおススメメニューは手書きで。

花亭 メニュー

いくつか一品物を注文して、韓国焼肉を注文し、〆はその時のおなかの具合で考えることにしました。





つき出しは、ナスのキムチと豆もやしのナムル。

花亭 なすのキムチ

花亭 豆もやしナムル

茄子は皮がパツッとしていて、実はこりゅっこりゅ。

辛さも適度だし、これはなかなか旨いですよ。

豆もやしのナムルは乳酸発酵系の酸味が少し感じられ、なかなか面白かったです。





注文した一品物。

チャンジャ

花亭 チャンジャ

薬膳ぽい風味に、甘さと辛さ。

ご飯欲しいよ~(笑)





エゴマのヤンニン漬け。

花亭 エゴマの葉

醤油が勝った味付けで、キムチ的な甘辛さも。

エゴマの葉って実は初めて食べたんですけど、結構クセありますね。

これはご飯巻いて食べたい!





皮付き豚肉のキムチポッサム。

花亭 キムチポッサム

蒸した皮付き豚肉を野菜で巻いて食べる料理でして、サムギョプサルと比べると、肉に脂が少ないので軽く食べられますね。

これは、キムチを巻いたり残っていたエゴマを巻いて楽しみました。





マッコリ。

花亭 マッコリ

全部飲むでしょ?と妻と話しつつ、1200mlのを。





メインの韓国焼肉!

花亭 韓国焼肉2

野菜大(太もやし1袋+人参等)を2つと、ホルモン・ガリで。

花亭 韓国焼肉

見るからに旨そうなホルモンとガリ。

期待が高まりますねぇ。





この料理は、お店の方が目の前で仕上げてくれます。

楽チンでいいです(笑)。

ある程度火が通ったら、秘伝の味噌ダレを投入!

花亭 韓国焼肉 出来上がり





プリッとしたホルモン、ゴリッとしたガリ。

甘辛い味噌ダレは、これまたご飯を誘います。





〆には、麺を投入。

花亭 〆の麺

太目の縮れ麺(乾麺)に火が通ったら、溶き卵と白ゴマで完成~

麺はカップラーメンの麺のようでして、立町の「オンドルバン」でも同じようなのを食べたことを思い出しました。





総じて、醤油の味が強めに感じられる料理群。

ヤンニンはおそらく自家製なんでしょう、その他も手作り感のある料理ばかりで旨かったと思います。

合わせるお酒は、マッコリよりもジンロのほうが良いかな。





ここのビビンバやチゲも食べてみたいので、また寄ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!

(2016.7)



■お店のデータ
花亭
広島市西区庚午中3-2-19
0822752718
17:30~23:00
※土日祝は17:00~
定休日:水曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック