2016年09月06日 (火) | Edit |
妻がもらった一枚のチラシ。

春晴 ビラ

どうやら、流川に煮干ラーメンのお店ができるみたいです。





オープン直後のお昼に伺ったところ、しばらくは昼営業しない旨の張り紙を発見。

その後、何度か行くも、開いていることはありませんでした。





そんなある日の午前。

仕事中に前を通りかかると、中に明かりが点いていて、どうやら昼営業の準備中らしく。

数日して訪れてみると、予想通り、営業されていました。

これで、やっと食べることが出来ます~





お店の場所は、ヤマダ電機の南側。

和田党新天地店」の並びと言えば、ラーメン好きの方にはピンと来るでしょうか。

春晴 外観





客席はカウンターに8席と二人用テーブル2卓。

券売機で食券を買って、カウンターに座りましょ。





メニューはこんな感じで、ベース4種類に特製ラーメン2種。

春晴 メニュー

お店の切り盛りは男性2名で。





さて、待望の濃厚煮干し鶏白湯ラーメンの登場です。

春晴 鶏煮干しラーメン

広島で鶏白湯というと国泰寺町の「歩いていこう」を思い出しますが、それよりもベースのスープが白くない印象。

具材には、海苔・メンマ・青ねぎ・刻み玉ねぎ・チャーシューが使われています。





まずはスープをいただいてみると、とろりんとした口当たりで、鶏っぽさは流石に強め。

膜が張る感覚もあって、ゼラチンが多いんでしょうね。

煮干は、ふんわり香る程度でして、ニボニボ感よりも食べやすさ重視でしょうか。

これ、なかなか旨いなぁ。





麺は中細で、固くもなく柔らかくもなく、さっくりとした食感。

春晴 鶏煮干しラーメンの麺

麺をすすると煮干が顔を出しますね。





スープのとろみが強いので、自然と麺に絡みつき自然とスープが減っていく様は、「天下一品」のよう。

ま、あそこまで濃厚でもドロドロでもなく、濃さもとろりん加減も丁度良いと思います。





具材のチャーシューは豚と鶏の2種。

甘い刻み玉ねぎ、穂先部分を用いた細長いメンマ。

いずれもなかなかの旨さでした。





おしゃべりが多いスタッフを割り引いたとしても、なかなか面白い店が出来ましたね。

次回は煮干ラーメンを食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2016.7)



■お店のデータ
春晴
広島市中区流川町2-22
0822460007
11:00~15:00
18:00~翌6:00
※金・土は~翌7:00
定休日:日曜日


■春晴の訪問記
春晴2(2016.8)
春晴3(2016.8)


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック