白目をきれいに
2016年09月05日 (月) | Edit |
自宅近くで焼き鳥食べたいと思ったとき、己斐に「豚鳥」があればなぁ、と思ってしまいます。

家康」や「串くぼう」「八剣伝」もありますけど、残念ながら「豚鳥」の満足度には及びません。

そんな状況の中、自宅近くに「鳥っち」と『頂』がオープン。

さてさて、どんな感じなんでしょうか。

まずは、評判を聞く『頂』に行ってみることに。





お店の場所は、広電西広島駅近くで宮島街道沿い。

メガネの田中の道路向かいで、並びには中国料理の「キッチンMinokoshi」があります。

頂 外観

こちらのお店は、元々「番吉」という名前で営業されていて、その頃に一度訪問したことがあります。

わりと良い印象が残っていますが、屋号を変えてからはどうなんでしょ。





店内は「番吉」時代と変わらないレイアウトで、カウンターの席間もテーブル席もわりと狭め。

そうそう、前回もわりとぎゅうぎゅうの中で飲み食いしたんでした。





串のメニューです。

頂 メニュー2

頂 メニュー

串は200~300円台。

これは2本のお値段なので、1本当たりの単価に直すとそんなに高くない印象です。

そして、写真は撮っていませんが、焼酎と日本酒の種類が豊富。

日本酒は、王録の渓や数種類の新政、雁木などがあり、焼酎は珍しそうな芋が揃っていました。





すぐに出るもの。

馬力(ばりき)。

頂 馬力

ニンニクの梅シソ漬けでして、これは確かに馬力が出そうだ(笑)。

シャクッとした食感に、ニンニク臭さは穏やか。

梅シソの酸味が酒を呼びますねぇ。





鶏皮ポン酢。

頂 鶏皮ポン酢

穏やかに旨い和出汁にポン酢を軽く効かせたタイプ。

ぷるっとした皮は旨いし、青ねぎと大根おろしが良い存在感。

皮から出た脂が良い具合に全体に回っていて、これはなかなか旨いなぁ。





米焼酎でおススメをお願いしたら、出て来た八海山の。

頂 よろしく千萬

これ、アルコール度数25度あるのに、飲み口穏やかでビックリ。

自宅でいつも飲んでる「いいちこ」は20度でも刺激強いのに(笑)。





ホルモンを塩で。

頂 ホルモン

ぷるっとした旨いホルモンでして、塩加減は随分と穏やか。

物足りない人は、卓上の塩を追加しましょう。





さて、この辺りで串を何本か。

なお、塩orタレは、聞かれない限りおまかせで通しました。





左の平たいのは、ハツ。右は白肝。

頂 ハツと白肝

どちらの素材も穏やかな旨さ。

タレはB級に旨く、甘さ加減が良いですね。





ぼんじりと皮は、かりっかりに焼き上げて、塩で。

頂 ぼんじり

頂 皮





つくね。

頂 つくね

軟骨の入ったタイプでして、表面をカリッと焼いての提供。

うん、やっぱりこのタレ旨いなぁ。





もも肉ステーキ100g。

頂 牛もも肉のステーキ

良い火入れですね。キンと響く旨味が良し。





〆に焼き鳥丼。

頂 焼き鳥丼

これは想像通り。

妻が食べてた、焼きおにぎりin鶏スープ(料理名失念)を味見しましたら、このスープが旨いんですよ。

次回、がっつりとスープ飲んでみたいなぁ。





お酒のほうは、日本酒(新政の亜麻猫、而今、王録渓)や焼酎(なさけしま)を堪能しました。

開栓からの時間経過もあるんでしょうけど、王録はボリュームダウンな印象。亜麻猫は酸が白麹らしさを感じさせてくれました。

なさけしまという芋焼酎は、八丈島のお酒。

後から感じるお煎餅感が面白かったです。





『頂』は、ひと串の量はやや小振り。

素材のキレイな旨さとタレのB級的旨さが印象的です。

電気と炭を使い分けてじっくり焼くのも丁寧に映りました。

また寄らせてもらいます。

ごちそうさまでした!!!

(2016.7)



■お店のデータ

広島市西区己斐本町2-1-1
0825073214
18:00~翌0:30
定休日:日曜日・第2月曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック