白目をきれいに
2016年08月29日 (月) | Edit |
1年以上会っていない友人と久々に飲もうということで、銀山町にある『カドーロ』に行ってきました。

こちらのお店は、「カジーノの姉妹店。

ビルの2階が「カジーノ」で1階に『カドーロ』があります。

※ちなみに、3階はハムなどの製造工場だそうです。

カドーロ 外観

カドーロ 看板





店内は暖色系で設えていて、厨房の赤いタイルが目を引きますねぇ。

カドーロ 店内





お店の切り盛りは男性2名だったでしょうか。

友人たちを待つ間、サービス担当の方からポルトガル料理やメニュー構成の説明を受けたんですけど、テンポが良くて分かりやすい!

こういう方がいるお店は良い店なんだろうなと、自然と期待感が高まります。





まずは前菜の盛り合わせ。

5品ずつ2回に分けての登場です。

カドーロ 前菜盛り合わせ全景

出て来た瞬間、歓声が上がるタイプの前菜盛り合わせですね。

ポリポ」と同じオーラ。





グラスに入ってるのは、グリーンピースの冷製スープ。

カドーロ グリンピースの冷製スープ

しっかりとした豆の香り、ミルキーさ、塩。





ゆで卵。

カドーロ 前菜 ゆで卵とアンチョビ

卵のラインがエロイなぁ(笑)。

そして、上に乗ってるアンチョビが、臭くて旨い!

日本酒とも絶対合いますね。





写真奥から、バカリャウ・豆・鶏胸肉。

カドーロ 前菜盛り合わせ 豆や鶏胸肉

バカリャウは、タラに塩して生っぽさを残す程度に乾燥させたもの。

これを南蛮漬けっぽく調理しての提供です。

もっと塩が強いかと思いましたが、案外穏やかで旨かったです。

豆は青大豆かな?

こりゅっとしてて、なかなかの旨さ。

プリプリの胸肉には塩気の効いたパプリカソース。

これも旨いなぁ。





次の5品。

カドーロ 前菜盛り合わせ 加工肉など

写真手前から、ハム類、ポテトサラダ、リエット、チーズのせんべい。

ハム類は「カジーノ」との共用で流石の旨さ。

パプリカで色付けたポテトサラダは少し甘め。

鹿肉のリエットはバターがしっかり効いて、ワインに合いますね。

チーズのせんべいも旨し!





人気メニューらしい、バカリャウのグラタン。

カドーロ バカリャウのグラタン

バカリャウの塩気と少しの干物感、穏やかでクリーミーなホワイトソースも良いですねぇ。

単にタラを使っただけではここまで旨くならないでしょう。





海老のカタプラーナ。

カドーロ エビのカタプラーナ

銅製の蓋付き鍋で蒸した感じなのかな?

パクチーが効いてて、スープがトムヤムクン的な。

頭の殻の一部だけ残して、全て美味しくいただきました。





豚のハツ。

カドーロ 豚のハツ

ハツ特有の香り、跳ね返す弾力と受け入れる柔らかさが両立。

ハツの脂も初めて食べました。

これは塩で食べるのが旨かったです。





羊のハンバーグ。

カドーロ 羊のハンバーグ

上に乗ってる白いのは、山羊と羊のチーズと聞いたような。

このハンバーグ、肉がぎゅっと詰まったタイプで、コリコリ軟骨がアクセントに。

こりゃ、ハンバーグというよりも羊のつくねですね。

旨い!





〆のパスタ。

カドーロ 〆のパスタ

海老のカタプラーナのスープを存分に吸わせ、底と周囲におこげを作った逸品。

海老の香りが強烈で、くにっとカリッと食感。

手作りのカッパえびせんとは、言い得て妙でしたね~

これ、この日一番です。

パエリア鍋で作るから、上手におこげが出来るんだなぁ。

旨かった!





ポルトガル料理って、イタリア料理やフランス料理とは路線が異なり、どちらかというとスペイン料理と近いのかなと感じました。

そして、料理には「カジーノ」感満載。





お腹一杯でご飯物食べられなかったので、次回は必ず食べようと思います。

ごちそうさまでした!!!!

(2016.7)

■お店のデータ
カドーロ
広島市中区銀山町11-3
0825301948
18:00~24:00
定休日:日曜日・第3月曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
久々に拝見して、また自分のHNを忘れた私。もしかしたら実家がご近所かも・・の、きゅうりです。只今海外転勤で、美味しそうな料理の写真を指をくわえて見ております・・・泣
広島にポルトガル料理店があるんですね!驚き~
実家に帰ったときに行ってみよう~ 
2016/09/01(Thu) 13:38 | URL  | きゅうり #NAijnZeA[ 編集]
きゅうりさんへ
お久しぶりです〜
海外転勤だなんて、何だかハイソ(古)ですね。
カドーロは、シェフがヨーロッパ修行時代に食べて旨かったので、やってみようと思ったんですって。
本場を食べてないので分かりませんが、旨かったですよ!
2016/09/02(Fri) 20:28 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック