2016年07月23日 (土) | Edit |
色々な予定が入れ替わり、突如、妻と飲みに行くことに。

どうやら広島駅にいるらしく、どこ行こうかねと訪ねたところ、「エキニシ!」と即答が。

先日訪れた塩もつ鍋の店を気に入ったらしく、じゃ、そこに行こうかねということで。

ゴチの外観





お店の場所は、「ドラキチ」の筋の角っこ。

急な階段を上がった2階にお店が有ります。





店内はまだ新しいんですけど、どこかレトロな雰囲気。

ゴチの店内

そして、窓の向こうでは三打ち(麻雀)してるし(笑)。

ゴチから見える雀荘





おススメフードメニューは、手書き。

ゴチのメニュー2

ドリンクは印字。

ゴチのメニュー

日本酒は、手書きで黒板に書かれています。





つき出しの冷奴は甘めの醤油で。

ゴチの冷奴は甘めの醤油で

すり胡麻の香りが良いアクセントになっています。

そして、この豆腐旨いなぁ。

初手からこれだと、ちょっと期待してしまいますよ。





生の蛍烏賊。

ゴチの生ホタルイカ

生臭さは一切なく、日本酒を誘う、肝の軽い旨味がいいですね。

添えられた醤油は、少し塩分高め。

ひょっとしたらと思い、冷奴の残りの醤油を使うと、これがなかなかの好相性。

甘めの醤油が蛍烏賊の旨味を引き立ててくれます。





カンパチのカルパッチョ。

ゴチのカンパチカルパッチョ

これだけあって680円はお安い!

そして、盛り付けもキレイですね。





焼きシシャモ。

ゴチのししゃも

何だか懐かしくって、食べたくって。





お酒は、生ビールを経由して、「たかちよ」のうすにごりと「天狗舞」の純米大吟醸を。

「たかちよ」は、山口の磯田酒店で買ったことあるんですけど、酒商山田が扱うようになったんですってね。

知らんかった~





本日メインの塩もつ鍋!

ゴチ もつ鍋 湯気で曇る

湯気で写真が曇ってるよ(苦笑)。

気を取り直してもう一枚!

ゴチ もつ鍋





予め熱が通った状態で出されるので、弱火でOK。

カセットコンロって、無くなってくると火が弱くなるし、交換のコストが大変だろうと思っていたんですが、この提供の仕方なら長持ちするわけですよ。

なるほど~





早速いただいてみると、昆布強めの出汁に、塩加減は丁度いい塩梅。

そして、具材で使われている油揚げが汁にコクを与えていて、これはいいアイデアだなぁ。

その他の具材は、キャベツ・ニラ・生きくらげ・ごぼう・こんにゃくが標準で、豆腐は追加オプション。

もつ鍋にきくらげは初めてですが、こりゅこりゅとして、かなりの旨さ。

もつは、ミチッとして締まった感じで程よい食感。

脂は多くありませんが、甘くて旨いです。

いやぁ、ここのもつ鍋旨いなぁ。





〆にはトマトソースリゾット。

ゴチ 〆のトマトチーズリゾット

ライトなトマトソースに、にょーんと伸びるチーズ。

軽めの味付けで、〆にはこの位が良いのかもしれません。





とても印象に残るもつ鍋でした。

一品物も良いし、もつ鍋店の中では上位クラスではないでしょうか。

ごちそうさまでした!!!!

(2016.6)



■お店のデータ
ゴチ
広島市南区大須賀町11-7
0822585666
17:00~24:00
定休日:未確認


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック