2016年07月15日 (金) | Edit |
この日は定食気分の日に行こうと決めていた、八丁堀の路地へ。

くにまつ」の裏手にある路地には、ランチを提供する居酒屋が3軒ほど軒を連ねていまして。

勝手に想像するに、競争原理が働いてどの店も良い定食が食べられるのかなと。

今回はその内の1件、『わか菜』に入ってみることにしました。

わか菜の外観

わか菜の看板
※倉橋島直送ってのが惹かれますねぇ。





表に掲示されているメニュー。

わか菜のメニュー3

わか菜のメニュー2

日替りとお決まりの定食4種があって、刺身以外は750円。

この辺りでは相場ですかね。

それぞれ一言コメントが添えられていて、読むと「生の白身魚を使用」というフレーズが。

うん、これにしよう。

そう思い、中に入ってみました。





入るとすぐにテーブルが1卓有り、奥に向かって伸びるカウンターと調理場、座敷には4卓ほど。

わか菜の店内

座敷がある分、少し広めという印象です。

お店の切り盛りは、男女4名で。

白い和帽子と白衣の男性2名が調理、女性は調理補助と接客で各1名でして、男性陣は師匠と弟子のような間柄なのかなと感じました。




夜メニューがあったので、パチリと。

わか菜の夜メニュー

わか菜の夜メニュー

倉橋の地酒:三谷春がないかなと期待しましたが、それはなし。

ちょっと残念。

この店で出せば売れそうなのにな。





出て来た白身フライ定食の全体像はこちら。

わか菜の白身フライ定食





メインの白身フライは揚げ置きではなく、揚げ立て熱々。

しかも、2枚かと思いきや3枚もあります。

わか菜の白身フライ定食の白身フライ

早速いただいてみると、外はカリッと、中はフワッと。

魚種は不明ですけど、なかなか旨いと思います。

下味は薄め。

レモン、ソース、醤油で食べ比べてみましたが、ソースと醤油が良かったように感じました。





小鉢は肉じゃが。

わか菜白身フライ定食の肉じゃが

冷めていましたけど、きちんとうまい肉じゃがで、おかず力高し。





口直しにピッタリのにゅう麺。

わか菜白身フライ定食のにゅうめん





サラダは、トマトにご注目。

わか菜白身フライ定食のサラダ

皮が薄くて色が濃い。

食べてみると、皮は柔らかく、甘味と酸味のバランスがいいですね。

旨いトマトの酸味だと感じました。





隣客の注文した日替りは、メインの鯖味噌煮と、烏賊の刺身、小鉢は揚げ春巻き、ご飯と味噌汁だったでしょうか。

こちらもなかなか旨そう。

ここは何回か通ってみたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2016.5)



■お店のデータ
わか菜
広島市中区八丁堀8-5
0822217326
11:30~13:30
17:00~23:00
※昼は平日のみ
定休日:日祝


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。

その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック