2010年07月27日 (火) | Edit |
ある日、「善吉」(過去記事)に行った時に、大将からこのお店の事を教えてもらった。

沖縄に移転した「西乃屋」の店員だった人がお店を開いたそうで、僕は「西乃屋」に行きそびれていた事もあり、非常に興味を持った。

興味を持ったら行動に移さなくては(笑)。

早速、訪問しました。



住所は中区立町。

所在は「酔心支店」北隣のビルの2階だ。

2010071218570000.jpg



階段を使って2階に上がっていくと、お店のサインがある。

2010071218570001.jpg

サイン横にある入口から店内に入る事が出来る。

店内はそこそこ広く、カウンターで8席ほどとテーブル席が全部で6卓。

すべての席がお店の大将から死角にならない、目が行き届く開放的な設計だ。

※元々はジャズバーだったそうです。



席に座ったら平皿に盛られたキャベツが提供される。

キャベツは食べ放題だ。

串をいくつか注文して、待つ間のつまみで霧島鶏のたたきを頼んだ。

2010071219040000.jpg

鶏自体は、まあまあという感じ。

何かで割ったポン酢が掛けられており、薄味のたたきを食べるには丁度良いポン酢の濃度だ。



串はつくね、白肝の塩とごま油、かしわを注文。

つくねは一串に2個刺さっており、楕円形に整えられている。

外はカリカリで中はほっこり。軟骨が入っており、味も香りも良い美味しいつくねだ。

2010071219090000.jpg



白肝だ。大きいなぁ。

「善吉」の大将が「西乃屋インスパイアの店だから1串のポーションは大きい」といわれていたが、その通りだ。

↓塩
2010071219100000.jpg

↓胡麻油
2010071219100001.jpg

ほんの少しだけ臭みが感じられる。

この日の白肝は胡麻油で食べた方が旨いと感じた。



かしわは親鳥のもも肉。

ガシッとした歯応えで脂の乗りも軽く、なかなかの一品。

2010071219130000.jpg




この辺でビールから日本酒にスイッチ。

吉乃川にごりを注文。

大き目のグラスにたっぷり注がれ、量を確認したら1合での提供との事。

飲み応えがあるなぁ。



追加で、ハツとホルモンを注文。

ハツはこの日一番の品。

プリップリでハツ独特の香りが立ち上がりとても旨かった。

2010071219450000.jpg



ホルモンは皿での提供。

甘口と辛口があり、僕は辛口で注文。

2010071219460000.jpg

平皿にキャベツが敷かれその上にホルモンとコチジャン系のソースが掛かっている。

ホルモンも良い物を使われており、むしろ塩での提供でよいのではないかと思った。



印象としては、肉にワイルドさが宿る焼き鳥。

「西乃屋」の事は知らないが、串の味に関しては「豚鳥」(過去記事)のような印象だった。

街中にこういうお店が出来てくれたのはとても嬉しい。

ワイルドな串を食べたいと思った時に、己斐と立町の2つの選択肢が出来たのだから。

ごちそうさまでした!!!

※焼いてるところです。もちろん炭火。

2010071219410000.jpg

(2010.7)


■お店のデータ
やきとり将軍(やきとりしょうぐん)
広島市中区立町5-2 キャッスル立町201
0822471842
17~24時
定休日:未確認です。



■その他の飲食店の記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
ジャズバーってリハクの跡かな?
懐かしいです


立町は最近
飲兵衛向けのお店が
豊富になりましたね(笑)
2010/07/28(Wed) 07:00 | URL  | sapphire #EXr3TcQ6[ 編集]
sapphireさま
> ジャズバーってリハクの跡かな?

他の方からも同じ店名が出ましたのでその通りなんでしょう。



> 立町は最近
> 飲兵衛向けのお店が
> 豊富になりましたね(笑)


はい、嬉しい事です(笑)
2010/07/28(Wed) 08:30 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック