2016年06月29日 (水) | Edit |
辛いものが食べたいなと思い、ちゃん担麺狙いで橋本町「かぶと屋」に行くも、お休み。

そうか、土曜日はやってないのか~





で、「そいや、あそこのつけ麺食べたことないよね」と思い出し向かったのは、薬研掘通りの北端にある、つけ麺の『みんみん』です。

みんみんの外観





客席は、赤いL型カウンターと6人は座れるテーブル席が2卓。

お店の切り盛りは、物静かな男性がお一人でされています。





メニューです。

みんみんのメニュー2

みんみんのメニュー
※中華そばもあるのか~

昼定食と銘打ったセットは、つけ麺と海苔巻きで800円。

つけ麺の小(0.7玉)が単品で800円でしたので、海苔巻き分お得のようです。

うどんもメニューに載っていて、これは「うどんの和(かず)」の提供らしく。

一つの店舗で2つのお店が営業しているということなんでしょうかね。





注文したのは、つけ麺の大(1.5玉)を激辛で。

税抜1,200円と値が張るので、かなり奮発したランチになってしまいました(苦笑





出て来たつけ麺は、想像以上の野菜の多さ。

みんみんのつけ麺

みんみんのつけ麺を後ろから

みんみんのつけ麺のつゆ

キャベツ・きゅうり・ネギはほぼ同等に盛られていて、丼表面を三分割しています。

これは嬉しい誤算だ~

チャーシュー4枚は、脂をカットしたロースかな。





柔らかめの麺とキャベツを一緒にいただいてみると、和出汁に醤油が勝ったツユでして、お酢やレモンの酸味も効かせてあります。

ばくだん屋」や「辛部」のように甘さの要素があると好みから外れるんですが、ここのは甘さがなく、僕好みです。

辛さは激辛とは言う割にはそこまで強くなく、「辛部」の30倍よりは辛く、ココイチの5倍よりは穏やかな程度。

生姜とにんにくは、あまり感じられませんでした。

完成度に差はありますが、ツユには「新華園河原町店」のニュアンスもあり、なかなか旨いとは思います。





残念なのは、麺もツユも冷え切っておらず、むしろ「ぬるい」と表現したほうがいいこと。

なんと、つけ麺よりも水のほうが冷たいという(苦笑)。

温度と店の雰囲気が良くなれば、随分印象は変わると思うんだけどなぁ。

ごちそうさまでした!!

(2016.5)



■お店のデータ
みんみん
広島市中区胡町3-5
0825417667
11:00~14:00
18:00翌4:00
定休日:日曜日


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック