2016年05月28日 (土) | Edit |
流川通りにある老舗の『天津』へ、4~5年振りくらいに再訪。

天津の外観





サイン色紙で埋め尽くされた店内は、雰囲気変わってないなぁ。

天津の店内 サイン色紙

天津の店内





今回のお目当ては中華そば。

夜専(夜だけ開いてる)ラーメン店ではありませんが、老舗中国料理店ということで押さえておこうと思いまして。





天津 中華そば

出て来た中華そばは、クリアな醤油系スープに、もやし・青ねぎ・チャーシューが具材として鎮座。

早速スープをいただいてみると、クリアな鶏がら醤油でして、黒胡椒をしっかりめに利かせています。





麺は、スクエアな黄色麺。

天津 中華そば スクエアな麺

麺をすすると若干の獣臭を感じますが、味わいそのものはライト。

飲んだ後の〆用ということでしょう。

そして、課長さんの使用量は0、または0に近いのでは。





多めのもやしをもしゃもしゃ食べ、味の濃いチャーシューでビールをグイッと。

〆の一杯のはずが、新たにビールを頼んでしまいました(苦笑)。

ごちそうさまでした!!

(2016.4)

※メルマガ会員募集中だそうです~
天津 メルマガ会員募集中


■天津の訪問記
天津(2011.3)


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック