2016年05月22日 (日) | Edit |
四月は歓送迎会などで、会社飲みが多くある月でして。

そうなると、流川方面で飲む機会も増えるわけでございます。





つまり、先日宣言した流川方面の夜専ラーメン店(夜しか営業していない店)制覇に向けて、訪問店を増やすには絶好のチャンス。





と言うわけで、この日訪れたのは、流川通りの『味千ラーメン』です。

こちらも割と古くからあると記憶していますが、訪れるのは初めて。

味千ラーメンの外観





中に入ると、カウンター席のみのこぢんまりとした店であることが分かります。

味千ラーメンの店内





メニューです。

味千ラーメン メニュー

筆頭は、熊本豚骨を標榜する味千ラーメン。

隣には、骨付きを使っていると書かれたパイクー(排骨)麺。

風風ラーメン」で食べた醤油パーコー(読み方違うけど、排骨のこと)がやや消化不良だったので、目には止まりましたが、ここは、味千ラーメンを食べることにしました。





出てきたラーメンは、白い豚骨スープに焦がしネギや焦がしニンニク、多めの油が目に止まります。

味千ラーメン

早速スープをいただいてみると、ベースは想像していたよりも癖がなく、ニンニクよりもネギの風味が立っている感じです。

塩分濃度は適度で、なかなか旨いですね。





寸胴の中にあるスープはミルクのような白さで、さながら「歩いていこう」。

しかし、ミルキーでもなく豚骨臭もなし。

なんだか不思議なスープでした。





麺は、九州豚骨ラーメンを意識すると、少し柔らかめに感じると思います。

味千ラーメンの麺

具材はたっぷりのきくらげ、青ネギ、味玉。





今では世界12カ国、800店舗(公式サイトより)もあるんですって。

凄いですよね。

夜専一回り終わったらパイクー食べに来てみます。

ごちそうさまでした!!!

(2016.4)



■お店のデータ
味千ラーメン
広島市中区流川町6-8
電話番号:未確認
17:00~翌2:00
定休日:未確認


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック