2016年05月16日 (月) | Edit |
ちょっと気になっていたパーコー麺を食べるために、再訪。

前回は味噌だったので、今回は醤油を選び、醤油パーコーというメニューを注文してみました。





風風ラーメン 醤油パーコー

細かく油が散ったスープは割りと透明度が高く、香りからは甘さを感じさせます。

早速スープをいただいて見ると、昆布に数種類の節、鶏がらがベースかなと思わせる味わいで、旨味はしっかり。

甘さは香りほどではなく、下支え的な感じでした。





具材は、中央に鎮座するパーコー・青ねぎ・メンマ・海苔、そしてチャーシューが2枚。

パーコーの時はチャーシューなくても良いのでは(笑)。





麺は黄色く細い縮れ麺。

風風ラーメン 醤油パーコーの麺

表面はつるっとしていて硬質感があるものの、茹で加減は普通でした。





さて、肝心のパーコー。

正しくは豚のスペアリブが使われるんですけど、多くの店は骨無し。

そして、こちらのお店でも骨無しが使われていました。

風風ラーメン パーコー

衣は、パン粉ではなく片栗。

第一報ではトンカツラーメンと書いてしまいましたが、正確には違いましたね(苦笑)。





食後の喉の渇きは強いものの味の方は案外悪くなく、白ご飯があると、なお映える味わいかなと。





日曜日も開いているので、店がなくて困った時に重宝するお店。

また寄ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!

(2016.4)



■風風ラーメンの訪問記
風風ラーメン(2016.2)


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック