白目をきれいに
2016年05月15日 (日) | Edit |
裏通りにひっそりあった『一楽章』が移転したのは、今から何年前だったでしょうか。

付近で働いていながら、なかなか訪れていなかったんですが、ようやく機会を作って訪れてみました。





お店は本通りの少し北で、中町から移転した「麺屋台我馬」の向かい側。

このビルの3階にお店があります。

一楽章 外観

一楽章 看板





ビルの入口にその日のおススメカレーが展示されていて、この日は豚肉となすのキムチ煮カレーとのこと。

ここのおススメって面白い具材が多いんですよねぇ。





ビルの奥にあるエレベーターで3階に上がり、降りたすぐのところにガラスの仕切りと店の入口があります。

以前の店と比べると広く明るくなりました。

道路面の大きなガラス窓が効いていると思います。

そして、店内装飾や調度品はクラシカル。

一楽章 クラシカルな店内

響きのある音響からはクラシック音楽が流れていて、さながらサロンのような雰囲気です。





カレーを注文したら、まずはスープが登場。

一楽章 味噌汁

貝の風味が強く感じられる味噌汁。

これ、なかなか旨いなぁ。





続いてはカレーの登場。

そう時間が掛かることなく素早い提供で、お昼時には嬉しいですね。

一楽章 豚肉となすのキムチ煮カレー

少し柔らかめのご飯に、少し温めのカレー。

玉ねぎの甘さと時折感じさせるフルーティーさがベースで、今回はスパイス感と苦味は穏やかです。

飲み物のようにざぶざぶ食べられるタイプでして、後からやってくる辛さが良いですね。

口内の刺激は強くないんですけど、カッと顔が熱くなって、スッと消える辛さ。

辛口にしないほうが僕は好きかな。

一楽章 カレーソース





具材は、キムチの風味が強く、カレーともよく合っています。

一楽章 カレーにキムチ



食後感も軽く、適度に辛いのって好きなんですよ。

面白い日替りカレーがあったら、また食べてみなきゃいけません。

ごちそうさまでした!!

(2016.4)

※帰る間際の、夜12時までやってます、というアナウンスも健在でした。



■移転後のデータ
広島市中区紙屋町1-4-6 3階
0822490221
11:30〜24:00
定休日:無休


■一楽章の訪問記
一楽章(2010.4)
一楽章2(2011.1)
一楽章3(2011.4)
一楽章4(2012.2)


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック