2016年05月12日 (木) | Edit |
勤め先最寄を散策中に見つけた、カレーラーメンの文字。

ふと見上げるとそこは、以前何度も通って麺類を制覇したはずの『かぶと屋』ではありませんか。

これは食べてみなくてはと思い、約4年ぶりの訪問と相成りました。





店内は以前よりも横幅が狭くなっていて、間仕切り壁を立て、ドアが取り付けられたみたい。

その壁には、夜の2時間飲み放題の告知が掲示されていて、すき焼き・刺身・サラダなどの料理名が書いてあり、内容は応相談とのこと。

ちなみに間仕切り壁の向こうは、アロマ系のサロンの様です。





メニューも少し変わっていて、以前あったお弁当の表記はなく、麺類とカレーの2カテゴリーになったのかな。





麺類は、「カレーラーメン」、ちゃんぽんと担々麺の合作「ちゃん担麺」、正体不明の「納担麺」がニューフェイスとして登場しています。

※「納担麺」は、納豆なんでしょうか。





大きめの丼で供されたカレーラーメンは、色とりどりの野菜が使われていて見た目に鮮やか。



まずはスープをいただいてみると、カレールーのストレートな味が伝わってきて、ベースのスープの表情は読み取れません。

辛さはピリ程度。

具材は、パプリカ・ピーマン・玉ねぎ・ナス・ニラ・ひき肉で、野菜が多めなのがうれしいじゃありませんか。







麺は幅広でぷつっと切れるタイプで、中華麺とは少し違う印象。



食べているうちに柔らかくなり、スープとの馴染みが良くなってきました。

このスープとこの麺なら、麺は柔らかいほうが良いと思います。





途中で一味を加えて、一気に完食。





思いのほかサラッとした仕上りでしたが、4年ぶりの『かぶと屋』、満足しました。

次回は、納担麺かなぁ。

ごちそうさまでした!!

(2016.4)



■かぶと屋の訪問記
かぶと屋(2010.7)
かぶと屋2(2010.11)
かぶと屋3(2011.3)
かぶと屋4(2011.4)
かぶと屋5(2011.5)
かぶと屋6(2011.6)
かぶと屋7(2011.8)
かぶと屋8(2012.2)
かぶと屋10(2016.5)
かぶと屋11(2016.9)


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック