白目をきれいに
2016年04月14日 (木) | Edit |
プライベートが少し落ち着いてきたので、久し振りに親を誘ってランチなぞ。

当初の狙いは「うえ乃寿し@仁保新町」。

しかし結構な空腹ぶりで、このまま行くと高くつきそうだったので回転寿司の『はま寿司』に変更してみたりして(苦笑)。





お店の場所は、海田町から東広島に続く国道2号線沿い。

「ニトリ」や「とりの助」を過ぎて少し行くと店が見えてきます。









中に入ると、タッチパネルに人数と希望の席(カウンターorテーブル)を入力してしばし待つことに。

その後、店員に声を掛けられ自席に向かうわけなんですが、寿司のレーンや湯飲みの配置、注文システムなど、「スシロー」にそっくりではありませんか。









レーンはまっすぐ一文字で、それを挟むように席を配置。

いわゆるE型レーンと呼ばれるものでしょう。

レーンの上に湯飲みがあって、注文はタッチパネル。





おや?こんなものを発見してしまいました。



これは後から注文しなくては(笑)。





いくつか注文した寿司の中では、ほたるいかや生鯖、赤身が良かったです。







筋子のにぎり等で???なのはありましたけど、平日1皿90円(税抜)という事を考えると、文句をつけてはバチが当たってしまいます。





そして、はまぐりの旨だしラーメン。



丼からは押さえ切れないほどにハマグリの香りが立ち上がっています。

スープからも、エグミに近いハマグリの旨味が感じられ、麺をすすってもハマグリがまとってくる感じ。





これ、ハマグリエキス的な物を使っているのかもしれませんが、なかなか侮れません。





あ、そうそう。タッチパネルで注文した後、「そろそろ届くよ~」的なアナウンスが流れてきます。

その直後、「注文の品」という赤い台に乗って流れてくるんですが、自分が頼んだという目印が寿司ネタ以外にないんですよ。



「スシロー」だと自席の色と同じ台に乗って出てきますし、「くら寿司」だと二段になったレーンの上段にシューッと流れてきて、ぴたっと止まる。

アナウンスのタイミングが良いので間違いにくいんでしょうけど、気をつけておかないと見過ごしてしまいますので、ご注意ください。

って、何の解説をしているんだろうか(苦笑)。





そんなこんなが楽しいですし、お安く済むので時々行ってしまうわけでして。





ラーメンメニューが変わる頃に、また行ってみようかな。

ごちそうさまでした!!!

(2016.3)



■お店のデータ
はま寿司
安芸郡海田町国信2-6-50
0828211310
11:00~23:00
定休日:なし


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック