2016年04月02日 (土) | Edit |
夜あかし」の奥にあった頃の『座・なかむら』って、かなり入りにくい雰囲気があって、実は未訪にしていたんです。

「いつか行かなきゃなぁ」とぼんやり思っていた矢先。

「粥膳(未訪)」が入っている綺麗なビルに移転したとの報が。





夜飲みに出る事があったら、行ってみよう。

そう思っていた矢先。

試験的に昼営業が始まったと聞き、これ幸いと、早速訪れてきました。





お店の場所は、流川通りに面するビルの1階。

銀座薬局と「長濱一番(未訪)」に挟まれたビルですので、見つけやすいと思います。









中に入ると、男性店主がお一人で待機。

メニューは、大別すると汁なし担担麺とラーメンの2つです。

「ライスの小が150円か~」と注文をためらっていたら、ご店主から「得スペがおススメですよ!」とプッシュが。

ちょっと値が張るな(税込970円)とは思いながらも、そのまま注文してみました。





ちなみに、得スペの内容は、汁なし担担麺・小ライス・生卵・トッピング1種。

5~6種類あるトッピングの中では、「コクが欲しいならイカ天、さっぱりしたいなら玉ねぎ」との話を聞き、玉ねぎをお願いしました。







出て来た汁なし担担麺は、丼の底に黒っぽい汁を湛えていて、麺の上にはひき肉・青ねぎ・唐辛子の粉が。

麺をひっくり返すように混ぜてみると、タレにはゴマや山椒、千切り生姜、ナッツ類が使われていることが見て取れます。

そして、細くて短く硬い破片も入っていて、これは何かの香辛料の破片なのかな。





早速いただいてみると、ベースの味は少し甘さが入っていて、漢方のような風味も少し感じます。

そして山椒の効きが強いですねぇ。

けっこう痺れます。

唐辛子は、風味は感じるものの辛さはそんなに強くありません。

ご店主に聞いてみると、7段階ある辛さ(ひかえめひかえめ~おだぶつ)は、山椒の効き具合の違いなんだそうでして、僕は大辛(5段階目)で注文したので結構山椒が入っているんだそうです。

なるほど~





麺はストレートで、タレとの絡みがいいですね。

ムチでもザクでもない食感で、汁なし担担麺には良い麺だなと感じました。





麺を半分食べたところで、玉ねぎ投入。



しっかりと冷えた玉ねぎは、リフレッシュ効果がありますね。





ご飯も投入。



箸で食べるので少し食べにくいのが難点です。





麺もご飯も、お昼に食べるには少なめ。

元々、夜専門店なので、〆の一杯という想定なんでしょうが、お昼はもう少し量が欲しいなぁ。







山椒を練りこんだ麺もあるみたいですし、また行ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2016.3)



■お店のデータ
座・なかむら
広島市中区流川町4-18
09068338723
19:00~翌3:00
※訪問時点では試験的に昼営業実施中。
11:30~13:30
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック