白目をきれいに
2016年04月01日 (金) | Edit |
昨年訪問した、テイクアウト店「トレッティ」。

こちらの惣菜がとても美味しかったので、同じ経営と聞いたフランス料理の「タイラ」に行ってきました。





お店の場所は、十日市の中でも北のほう。

城南通りに近く、「カープ鳥きのした」のはす向かいにある一軒家がお店です。











中に入ると、入口側にはテーブル席2卓があり、奥には厨房とカウンター席が。

僕たちは入口側を使ったのでよく見えませんでしたが、ひょっとしたら奥にもテーブル席があるのかもしれません。





この日はあらかじめ8,500円のコース料理を注文しておきました。

さてさて、どんな感じで出てくるんでしょうか。





まず出てきたのは、つき出し的なもの。

オリーブ・豚のリエット・生ハムの3品です。



ナッツのような香りのする生ハムは、十分に旨いものの想定内。

ちょっと塩っぱいオリーブは、その物の味がとても濃く、これは驚きの一粒でした。

リエットは、臭みが皆無で品良く旨かったです。





次のお皿。



ゆり根のババロア、キャビア乗せ。

サラッとしたムース状のものと、蒸したゆり根そのものを混ぜて、上にキャビアとハーブが乗っています。

ここでババロア?

デザート?

と驚きながらいただいてみると、ムース状の部分はシルキーでミルキーな味わい。

そのものの部分はホッコリとしたゆり根らしさが。

キャビアはねっとりしていて、適度な塩気と凝縮した旨味。

ゆり根の優しい旨味に合いますねぇ。

そして、これは立派な前菜ですね。






パンとオリーブオイル。



このオリーブオイル、ビックリです。

最初に食べた、味の濃いオリーブが液体になったような濃醇さで、料理には使いにくいけどパンに付けるには最高のオイルですね。

凄い。

パンが霞んでしまいましたが、ローストした香ばしさがあり、むっちりと旨いパンでした。





今宵のお供は、白ワイン。



ボディがあって酸が強め。

それらを樽の香りでまとめている感じのワインで、なかなか旨かったです。





パテ、フォアグラのサラダ仕立て。



四角いハンバーグみたいなのが、パテでして、レバー以外にも粗挽きの肉も入っていて食べ応えあります。

フォアグラは、脂が旨いですねぇ。

コクは軽いし品良く旨いんですけど、脂が深みを加えている感じです。





大野町の牡蠣と穴熊のラルド。



程よい大きさでやや平たい牡蠣は、薄い衣で軽やかな旨味。

火入れはミディアムな感じでした。

穴熊のラルドは、穴熊の背脂の燻製とのこと。

食べると、薫香が感じられ、ベーコンのようなニュアンスもあり。

そしてラルドも脂が旨かった!





渡り蟹のトマトソース。



蟹の甘さが際立つ一皿。

穏やかだけど、旨いパスタでした。





メインは子牛のロースト。



柔らかな肉質で、旨味は軽やか。

よく噛み締めていくと、奥に牛臭さが潜んでいます。





デザートのタルトタタン。



見た目おでんの大根のようですね(笑)。

タルトタタンの上にはバニラアイスと生クリームが。





二時間ほどかけて、「タイラ」のコースを楽しみました。

特筆すべきは、食後感の軽さ。

そして、インパクトは少ない料理群ですけど、どれも確かに旨く、また食べたいなと思わせてくれます。





次回も何かの記念日で訪れてみようかな。

ごちそうさまでした!!!!

(2016.2)



■お店のデータ
タイラ
広島市中区十日市町2-2-8
0822931125
18:00~23:00
※昼は2日前までの予約制で4名より。12:00~15:00
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
おおみんさんがフレンチに目覚めそうな予感(笑)

ここ、接客や雰囲気も良いですよね。
カウンターもマスターと会話できて楽しいですよ。
2016/04/01(Fri) 15:45 | URL  | hiroさん #-[ 編集]
hiroさんへ
どもです!

塩が効いてるのがイタリアンで、効いてないのがフレンチ位の認識の僕ですが(笑

ここ何年かでフレンチ食べてみようと思っています。

次行くとしたら、ソンスクレかなと〜
2016/04/01(Fri) 19:33 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック