白目をきれいに
2016年03月28日 (月) | Edit |
この日は仕事で福岡へ。

用務先は、『元祖長浜屋』「元祖ラーメン長浜家(大手門・港の2店舗)」「長浜ナンバーワン」「長浜屋台」「長浜将軍」などのラーメン店が集まっているエリアから徒歩数分のところ。

仕事が終わったら、ラーメン食べなきゃな立地ですよねぇ(笑)。





それにしても、似たような名前が多いなと思い調べたところ、

『元祖長浜屋』がこの系列では最も古く、ここの元従業員が出したのが「元祖ラーメン長浜家(大手門)」。


※でも関係ないらしい。

大手門の従業員が出したのが、港にある「元祖ラーメン長浜家」。

※ややこしいなぁ(苦笑)。

そして、それらを取り囲むように営業するその他のお店があるんだそうです。





全部は行けませんので、『元祖長浜屋』と「元祖ラーメン長浜家」を必須として、広島に姉妹店(長浜いちばん@南区東雲)がある「長浜ナンバーワン」も何とか行ってみようかなと。





まずは、『元祖長浜屋』から。



入口前の券売機。



品揃えは至ってシンプルですね。





ラーメン500円の券を買って、いざ入店。

店内もとてもシンプルでして、モルタル仕上げの床に、6人掛けテーブルが4卓。

奥には厨房。







店に入るなり「麺の硬さありますか~?」と聞かれ、「普通で」とコール。

僕以外のお客は、「ベタナマ」「ナマ」「ヤワ」と入店直後にコールしていました。

これがこの界隈の流儀なのかな。

面白いですね。





プラスチックの湯のみ。



綺麗に並べられています。





注文してすぐに出て来たラーメンは豚骨臭はさほどせず、代わりにラードとにんにくの香りが。

骨っぽさは、なさそうな雰囲気ですね。



まずはスープをいただいてみると、コテコテではなくライト寄りですが、旨味はきちんと感じられます。

骨っぽさやゼラチンはありません。

油脂はそれなりにあるものの、やや軽めの仕上がりで、さらりと食べられる一杯と言う感じでしょうか。





麺はいわゆる細麺。

普通指定した茹で加減は広島ラーメンの普通の硬さに近いように感じました。

具材では、薄切りの豚肉が醤油辛く、味のアクセントに。

とてもシンプルなラーメンで、なかなか旨かったと思います。





あ、そうそう。

店員のややツンとした雰囲気。

老舗ならではといいますか、この店には似合っていて僕は嫌いではありません。

次の機会があれば、替玉・替肉もしてみたいな。

ごちそうさまでした!!!

(2016.2)



■お店のデータ
元祖長浜屋
福岡県福岡市中央区長浜2-5-38
0927118154
4:00~25:45
定休日:未確認も年末年始のみとの情報も


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック