2016年03月14日 (月) | Edit |
普段通らないルートで帰宅していたら、道端に今までなかった飲食系の幟旗を発見。

「こんなところに店あったっけ?」と思い見てみると、店名が『味方屋』で、どうやら定食類を提供する店であることが分かりました。





見た目、冴えない感じの店だなぁと思いながらも、後日改めて訪問。





店のアドレスは、中区大手町4丁目。

広島市役所から国道2号線を西に進むと、お店が見えてきます。



店の前にある七福神っぽい石造(?)は以前はなかったので、わざわざ作ったんでしょうか。





メニューは店頭に設置されていて、見ると「ボリューム満点」と「ボリューム控えめ」に分かれています。



この表示、あまり見かけませんけど、いい工夫ですね。

注文する時、ボリュームって気になりますからねぇ。





店内は、こんな感じ。



4人掛けテーブルが2卓と、壁に向かって設置されたカウンターに10席程が用意されています。





席に着くや否や店員から「お会計を先に~」との声が掛かりました。

レジで注文&支払いを済ませて、番号札をもらう流れのようです。

いわゆる「ちから」みたいな感じですね。





僕の注文はとんかつ定食。

どうやら、料理によって札の色が決まっていて、この日何番目のオーダーかによって番号が決まるようです。

実際、「青の4番の札の方~」という具合に料理が運ばれていました。


※この日最初のトンカツオーダーということなんでしょう。





こちらが、注文したとんかつ定食。



トンカツ・サラダ・ご飯・味噌汁・小鉢というシンプルな構成ですね。

しかし、トンカツは20センチ程度の大きさがありますし、ご飯の盛りも良し。

サラダもまずまずの量で、これで600円なら良いよねという第一印象でした。





早速、トンカツをいただいてみましょう。



まずは何もつけずに。

かりっと揚げたてのトンカツは、下味や肉の味は薄めです。

もう少し味が欲しいので、目の前にある調味料で味を加えてみましょうかね。



僕が試したのは、塩・辛子・ソース・辛子&ソースの4パターン。

ご飯のおかずにするなら、ソースまたは辛子&ソースがおススメでしょうか。





厚みがあるように見えましたが、断面を見ると衣がやや厚め。



まぁ、そうは言っても600円ですから、これはこれでいいんじゃないですかね。





おなかは満腹になりましたし、味の方も悪くない。

どうやら、他のメニューもコストパフォーマンス良さそうです。




見つけた時は冴えない感じだと思ったんですけど、冴えなかったのは僕の「目」だったようですね(苦笑)。

お詫びに、何度か伺ってみます。

ごちそうさまでした!!!

(2016.2)

※夜メニューです。







■お店のデータ
味方屋
広島市中区大手町4-5-5
電話番号:不明
11:30~21:00
定休日:土曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック