2016年03月09日 (水) | Edit |
横川と古市を繋ぐ旧道(県道277号線)沿いにある、『亀の家食堂』に行ってきました。

お店の場所は、JR可部線「長束駅」と「下祇園駅」の中間地点。

「焼肉リキ祇園店(未訪)」の斜め前で営業されています。







道路向かいにある駐車場(5台分)に車を停めて、入店。

店内には、奥に続く長いカウンターが設置されていて、テーブル2卓と座敷も用意されています。



タイル張りの床って、何だか懐かしいですね。

お店の切り盛りは、お年を召されたご夫婦がお二人で。





メニューです。





日替りと単品から構成されていて、高くても680円。

店の奥にある手書きメニュー「本日の一品」を見ると、赤なまこやカキフライ、湯豆腐などもあることが分かります。

こちらは夜専用のメニューなのかな?





注文したのは、カツカレー。

妻はラーメンを。





待っている間、店内を見渡してみると、2ヶ所に亀の剥製(?)が。



さすが、亀の家(笑)。





そうこうしていると、出てきましたよカツカレー。



人参・玉ねぎ・ジャガイモ・牛肉など、具材が形を残したカレーです。

早速いただいてみると、もったりとした口当たりでスパイス感はなく、辛さはわずかに感じられます。

少し重めのカレーですけど、ほろほろになるまで煮込まれた牛肉が旨いですねぇ。

カツは、ココイチのように細くカットされていて、カリッとした衣と柔らかい肉の対比がいいじゃありませんか。





ちょっと気になったのは、カツの下味。

これ、カレーだから分かりにくいですけど、塩がかなり強めに施されています。

トンカツでもこの塩梅だったら、けっこう塩っぱいかもしれません。





妻が頼んだラーメン。



課長さん強めで、豚臭さもあるスープ。

結構インパクトありますけど、僕はあまり得意じゃないですねぇ。





あ、そうそう。

僕らの業界で「亀の家」というと、白島九軒町にある「亀の家ビル」を思い出すんですよ。

検索してみると、亀の家という旅館があったそうで、その跡地がビル(と言っても3階建てですが)になって現在に至るんだそうです。

ビルと食堂は関係があるという情報も聞きましたし、上八丁堀には亀の家という洋食店があったようですし、何やら気になりますねぇ。

ご存知の方がいらっしゃったら、関係性を教えてください。

ごちそうさまでした!!

(2016.1)


■お店のデータ
亀の家食堂
広島市安佐南区長束3-10-29-4
0822385005
11:00~15:00
17:00~22:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック