2016年02月16日 (火) | Edit |
最近は、古い喫茶店のランチ目掛けて訪問することが増えています。

たま~に当たりを引くので、それ目当てに突撃を繰り返していまして。

今まで訪れた中では、紙屋町の「さえき」の料理が気に入っていて、その次のグループには「留園」「グリル・エース」「ミサ」が挙げられるでしょうか。





宿題店としても幾つかの店をピックアップしているんですが、今回はその中の一つ、本川町にある『パルコ』に行ってきました。





お店の場所は、広島電鉄「本川町」電停付近。

電車通り沿いにありますので、見過ごすことはないと思います。









中に入ってみると、白熱球中心の照明使いで、どことなく懐かしさのある内装と調度品が。







そして、何気なく座った自分の席は、麻雀のゲーム台(笑)。



このゲーム台、僕が中学生位までよく見かけた、テーブルの中にモニターが組み込まれていて上から画面を見下ろすタイプでした。

ドンキーコングやギャラクシアン、ドルアーガの塔などで遊んだ記憶がありますぞ(笑)。





さて、お店の切り盛りは、調理が2名・ホールが1名の3名体制。

結構小さい調理場ですけど、品出しが滞っている印象はありませんでした。





いつもなら日替りの一択なんですが、自席横に掲示されたメニューにあるトルコランチが気になりましてね。



これってトルコライスの事ですか?とお聞きしたところ、「カレーがかかっています!」と少し斜めからの回答が(笑)。

ま、いいかと思い、そのまま注文した次第でして。







出て来たトルコランチは、多めの野菜サラダとライス・揚げ物2種がワンプレートに盛られていて、上からカレールーがざばっと掛けられています。

これは、食べ盛りの男の子ならニンマリする内容ではないでしょうか。





反対から見てみましょう。



ライスはラグビーボールを半分に切ったような形状でして、いわゆるメロン型といわれるヤツです。

ご飯の脇には赤い福神漬けが見え、揚げ物の向こうにはゆで卵がチラと見えています。





まずはカレーライスからいただきますと、まろんとした口当たりの優しいカレーでして、これはまさしく飲み物系。

スパイス感のない、穏やかなカレーです。





揚げ物は、揚げ立て熱々の白身フライが1つと、揚げ置きっぽい一口カツが2つ。


それらの下には、何とスパゲッティが隠れていました。



柔らかいスパゲッティと飲み物系のカレールーの相性たるや最高でして、ノスタルジックなカレースパも堪能できるとは。





野菜サラダは、キャベツの千切り・レタス・キュウリ・トマトと言う布陣で、量もたっぷり。

ドレッシングは酸味の強いマヨ系でした。

味噌汁はワカメ中心で、まずまずの旨さ。





アフターコーヒー。



熱々で、けち臭くない量が嬉しいですね。





以上で700円と言うお値段は、素晴らしいコストパフォーマンス。

量も多く、大満足でした。





13時以降注文可能なアイドルセットも気になります。



これは「idol」を意味するのか、はたまた「idle」か?

ごちそうさまでした!!!

(2016.1)



■お店のデータ
パルコ
広島市中区本川町1-1-22
082291210
7:30~20:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック