2016年02月11日 (木) | Edit |
毎年大晦日は、普段行く機会が少ないチェーン店で食事をする事にしています。

※個人店は休んでることが多いので。

やよい軒」や「げんこつ屋」もその一環で訪れたお店。

今回は、五日市コイン通りに平成27年9月に出来たばかりのラーメン店『幸楽苑』に行ってみました。





『幸楽苑』は、昭和29年にスタッフ3名で創業してから、60年余り。

平成27年3月期の連結決算では、売上高が約376億円だそうでして、今では海外にも出店されてるとか。

公式サイトを見た限りでは、四国・九州には出店していないようですので、まだ伸び代があると理解する事もできそうです。





さて、そんな巨大チェーン店の『幸楽苑』。

果たして、どんな感じだったんでしょうか。







12時前に中に入ると、家族連れでほぼ満席。

人気あるんですねぇ。

メニューは、豚骨・サンラータン・塩・中華そば・担担麺と広範囲に網羅され、オールターゲット的な構成。

その中で僕が選んだのは、最安値メニューのあっさり中華そばです。

税込421円か~







早速スープからいただいてみると、鶏や昆布、生姜のニュアンスが感じられ、なかなかの旨さ。

あっさりというコンセプトなので油脂は少な目ですが、旨味は強めです。

寸胴で炊き上げた手作り感あるスープではなく、様々な調整を経て作られたスープと言う印象ですけど、お値段考えたら凄いと思いますよ。





具材は、チャーシュー・メンマ・海苔・白ねぎ・ナルト・三つ葉。

ハムっぽいチャーシューはアレでしたけど、このお値段で三つ葉まで乗せてくるなんて、なかなかやりますね。





麺は、プリッとした食感の縮れ麺。







妻に食べさせてもらった餃子。



こちらは「大阪王将」と大差なしか。





格別に旨い一杯ではありませんけど、ワンコイン未満で食べられる一杯としては十分過ぎる出来栄え。

惰性で続けている個人のラーメン店では、太刀打ちできませんぞ。





二度目の訪問があるかと問われれば、正直微妙ではありますが、そのコストパフォーマンスには恐れ入りました。

食べ歩きが好きな方の中にはチェーン店を毛嫌いする傾向がありますけど、行ってみなきゃ分かりません(笑)。

是非一度、お試しあれ。

ごちそうさまでした!!

(2015.12)



■お店のデータ
幸楽苑
広島市佐伯区五日市4-5-20
0829614612
10:45~翌2:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック